葉桜の君に

作者 枕木きのこ

61

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

美しいものは人を狂わせる。

理性を奪い、取り憑くように。

一度と思っても、止められない。


同じプロットからお話を書く企画ですが、
まさかの葉桜の君に、というプロットから、こんなお話が、しかも凝縮された文章で生まれるとは!

そろそろ暑くなってきたので、涼しくなりたい方はどうぞ。

★★★ Excellent!!!

この作者様の人間の描き方は、非常に勉強になる。

擦れた中学教師「秋田葉太」は、教師生活に「飽きたようだ」と独り言ちするほど、かつての情熱が思い出せないでいる。それに焦りも感じていない。GWに入るにあたり、ようやくその喧騒から開放されると感じるほど。

そんな葉太が、偶然出会い、悩みを打ち明けてきた春川桜子に、どう接していくのか。
そしてどんな最後を迎えるのか。

読者を裏切る展開。無駄のない構成と筆致。過装飾を避けながら、葉太の見る世界を描ききる筆力。
どれをとっても高水準でまとまっており、それでいて読者の胸に何かを残していく力量と感性に感服。

作品単体としても短編として素晴らしいが、書き手にとっても、多くを発見できる作品だろう。