迷い吸血鬼と始める修羅場な毎日 ~孤独少年だが、ツンデレ幼馴染が実は陥落済み~

作者 緑樫

60

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

主人公の視点で語られていく作品は、非常に丁寧な設定と細やかな配慮を感じる。

物語は、ある1人の少女と稀有な出会いを果たした主人公が、不遇な少子とひとつ屋根の下生活を共にしていく事になる。

その過程で、主人公の抱える過去や少女の境遇が非常に緻密な設定と語彙力で語られていく。

是非御一読あれ。

★★ Very Good!!

正直最初はテンプレかな?くらいの気持ちで読み始めました。web小説としての完成度も高く、読者にストレスを感じさせないように画面の見え方を考え作り込んでいるんだろうなと読んでいて感じられました。
と、いうのが読み始めて数話までの感想なのですが、読んでいるうちにキャラクターたちが好きになり、次を読もう! と思わせてくれる作品でした。
まだ一章までしか読めていないので、今後も続きを読ませてもらいます。面白かったです。

★★★ Excellent!!!

何よりもの武器は甘いラブコメ要素

吸血鬼のハーフであり同居することになった若菜
幼馴染で思い込みが激しく主人公への気持ちを隠しきれない律
場を掻き乱しつつも主人公の良き理解者となっている美月
そうした魅力的なキャラクターを受け身になり過ぎる絶妙に捌く主人公三澄

彼らのドタバタした日常が、たまに挟まるシリアスとの良きギャップになっていて読んでいて飽きない一作です!

物語の緩急、甘さと辛さのジェットコースターを楽しみたい方にお勧めしたいです!!