ドラゴン少女は研究者に恋をする

作者 大河

49

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

かつて最強にして最凶のドラゴンだった少女と未知のものを恐れ、未知の物を探求することにしか、興味を示さない男の奇妙な共同生活が描かれています。
主人公の一人・ウィルナーはドラゴンを研究することに熱中しており、研究さえしてれば、幸せという超変人。
もう一人の主人公であるジーナは今でこそ、少女の姿をしているもののかつて世界を脅かした凶悪なドラゴンだった存在。
ウィルナーはジーナがドラゴンだから、研究材料として興味を示しているのに対し、ジーナはツンデレというよりツンツン気味な態度しか取れないもののなぜか、ウィルナーに恋をしている様子。
この二人のどこか、擦れ違っているようなのにたまに意気投合したりもするという適度な距離感が物語をどんどん読み進めたくなってくるように感じます。

どことなく、ラブコメ的な要素ばかりを推してしまいましたがドラゴンという存在に関して、設定が深く考えられている作品でもあるのでドラゴン好きな方にもおすすめです!

★★★ Excellent!!!

第1部を見たところでのレビューなのですが。まず、龍を題材とした、龍に纏わる概念、システムが良くできていて、そこから世界が支えられている。

そこに、龍の少女と研究者のコンビが現れるのですが…。
注目するのが、研究者の心持ち。本人に力は無くても、普通の人には無い行動要求というものがあって、力が無いのに、その意思に惹かれて読み勧めてしまう。

この後も読み続けるつもりですが。第1部をひとまず読めば、読み勧めてしまう理由も感じられると思う。

★★★ Excellent!!!

初めて恋を知ったドラゴン少女。けど、相手はにぶちん研究者という「あー、もう、早くくっつけ!」と思わず言いたくなる、そんな作品です。

と、第一部では思ってたんですが……第一部の終盤の盛り上がりは必見。
二人以外の登場人物の存在も重要で(以下、ネタバレ回避)
第二部も楽しみに読ませてもらっています!

★★★ Excellent!!!

竜に強い関心を持って幼少より文献を読み漁ってきた研究者と
とある事情により『少女』の姿でいるドラゴンの二人旅。
互いに思い合いながら、近いけど近すぎない間柄。

ほのぼのとした雰囲気の中にコメディも入っていて楽しいです。
ウィルナーがザ・研究者の思考をしているためにジーヌとの
意識のすれ違いが個人的に素晴らしくいいと思います。

文章も読みやすいし説明も丁寧なので理解しやすいです。
ちょっとした戦闘シーンがありますが、ライトに書かれているので
暴力系が苦手な方でも安心して読めます(/・ω・)/