あたし、お天気キャスターになるの!

作者 なつきコイン

62

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 ファンタジーな異世界に転生した貴族の娘レイニィが、前世からの夢である「お天気キャスター」に向かってひた走る姿に胸がときめきます。

 ファンタジーな世界には「お天気キャスター」なんて職業はおろか、気象学なんて学問すらない。そんな世界で気象観測をはじめたレイニィが、風向風速計、温度計、湿度計、気圧計などの観測機器を作るため、モンスターを狩ったり、魔法を覚えたり、異世界の技術を発展させていく様子が楽しいです。

 天動説で大地の周囲を太陽や星が回っていたり、台風は風龍、火山噴火は火龍、津波は海龍、地震は地龍が起こしていたり、自然災害の仕組みもファンタジーなところもロマンがあります。龍と仲良くなるために嵐の中を飛び出していくレイニィの姿にワクワクしてきます。

 いまは幼いレイニィの憧れですが、天気予報は農業はもちろんのこと、旅人の安全に欠かせないし、日照りや洪水の予報は人々の命と暮らしを守る重要な仕事です。レイニィの天気予報がどのように世界を変えていくのか、これからの活躍に期待です。


(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=愛咲優詩)