パタパタ鳥の空

作者 つきの

61

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

心にすっと染み込んで来るような、そんな言葉遣いが素晴らしい作品です。孤独な主人公の少年が、なけなしのお金で手にしたぱたぱた鳥は、不思議な魔法の玩具ではありません。うっかりすれば、いとも簡単に壊れてしまうような。いつか遊んだことも忘れて、記憶の向こうに捨てられてしまうような。そんな儚いものです。主人公の、玩具の鳥に自分を重ねる想いが切ないです。いつかその脆い翼に乗り移るようにして、未来へと羽ばたいてく。そんな、得難い人生の一時が、作者の優しく美しい文章で綴られた傑作です。ぜひお読み下さい!

★★★ Excellent!!!

こんにちは、LOL[love of luxury]です。作者の作品をしばしば見かける機会があったので、拝見しました。
一言、素朴な少年が、ちっぽけな玩具を抱いて空に飛ばしていく有様を描いた作品ですが、飛んで行って失ってしまった想いは多分、彼にはなく、読者の童心だったのではないでしょうか。

★★★ Excellent!!!

レビュータイトルが何やら意味不明になっているが、ちょっと真面目に書く。

本作、実はケツの方に不自然な描写がある。航空力学的に申せば「おかしな」描写だ。ちょいとおじさんはこの辺のヒコーキものには煩いので図らずも気付いてしまったのだ。詳しい解説は写真挿入できるnoteに書いたから気が向いたら読んで欲しい。

https://note.com/purefighter00/n/nb4725eeb3d7a

そして、その航空力学的にちょっとあり得ない描写に、ちょいとヒコーキに煩いおじさんは……トキメイた。キュンキュン来た。キューンキューン、キューンキューン私はパイロット!(はっ!)

な……何者か、「偉大なる意志」の存在を感じざるを得ない。物理の神の上位に座するロマンの神のエントリーだっ! 恐らく筆者氏もちょっとした情景描写として書いたような気もするが、実はこれかなりグレイトに奇跡である。
Ohジーザス、中々ヤルじゃねぇか!

パタパタ鳥はロマンと少年の日の想いを載せて飛び立った、高く、彼方へ、空に向けて!
壊れた翼でも、千切れたゴム動力でも、飛行機が飛ぶに適さぬ後ろからの風でも「ロマンがあればそれは空を飛ぶ」

パタパタ飛行機、横文字でカッコよく言うとオーニソプターって言うよ。ornithopter。使う機会はメタクソ少ない英単語だが、スルッとこれが出てくると飛行機通ぶれるぜ!