ときには、周り道を。

作者 石燕 鴎

まるで昭和の文豪が書いているようだ。この私の表現は大袈裟ではない。

  • ★★★ Excellent!!!

かつて私が貪るように読んだ明治大正期の作品を彷彿とさせる文体に加え、言葉遣いや時代背景をしっかりと反映させた今様純文学である。
盛り上がりはなく淡々としている。
それでいて心を鷲掴みにされる様な感覚は作者の描写力の賜物であろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

遠那若生さんの他のおすすめレビュー 41