雪豹物語

作者 パクリ田盗作

推薦文のスカベンジャーに釣られて読んでみたけれど

  • Good!

 懐かしいタイトルが目に飛びこみ、最新話まで読みこもうと考えるほど惹かれて読み始めてました。
 けれども、かつて親しんだ作品の懐かしさを覚える以上のことはなく、スカベンジャーシリーズのフォロワーではあるけれど、それを発展させた新しい作品ではないのが惜しいところです。
 初めの5話を読み終える前に既視感たっぷりの展開が鼻につき、後の物語も色眼鏡で読まざるを得ません。
 私は先駆者となるポストアポカリプス作品などへの敬意と深い愛情を感じさせる独創的な物語に耽溺できると考えてクリックしたのですが、ネタ元からそのまま引っ張ってきた素材そのままの展開や小ネタからデジャヴに苛まれてしまい、読み進めていくほど気が重くなっていきました。
 先駆者であるスカベンジャー作品(特定するにはいくつも脳裏に浮かんでしまい選べません)から要素を拾い集めて雑多に書きなぞっていくのではなく、きちんと再構成した作者本人の作品となるよう期待をよせて、ここにレビューを書かせていただきました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー