内緒にしたこと、

@nonnames

第1話

2年前、私は初恋をした。まだ中学に入ったばかりで関係にも悩みに悩んでいた時だった。ずっと続けていた水泳のチームで、ひとつ上の先輩。

見てるだけの関係が終わったのは8月某日の練習会のことだった。

「ねぇ、俺の靴とってくれない?」

もちろん、目線の先にいた私が返事をする。

「はいっ、これだよね」

いつも履いてる靴を知った上で、わざと違う靴を差し出す。会話の糸口になれば、何だってよかった。

「ちがうちがう、その隣のやつ」

右隣の靴を取って手渡す。

「さんきゅ。次メニュー何?」

思わぬところでの話題転換だった。会話を続けたいと思ってるのが自分だけじゃなかったことに内心、にやけながら喜ぶ。

「次はー、たしか50フリーの100本だったはず」

「何秒でまわんの?」

「多分50とか、だと思うけど」

コーチの考えたメニューは軽く言って地獄だ。

「きっついな、がんばれよ」

「はいよー」

そんな会話を繰り返すうちに、いつの間にかバスでは隣に座る関係になっていた。

ただ、隣に居ることがしあわせだった。



忘れもしない、新年大会の帰りのバスでの出来事。

お互いに話すことがなく時間をもてあましているときだった。

「これ、聞いてみてよ。ほい」

イヤホンを片方だけ差し出す手をみて、

「ははっ、絶対なんちゃってーのパターンだー」

と、緊張した笑みで返した。

「なんでだよ、ほら、聞いてみろって」

手の中にイヤホンを収められ思わず赤くなる。

それは、私の好きなアーティストの曲をラップ風にアレンジしたものだった。

聞いていると、先輩は検索欄に何かを打ち始めた。

『好きな人、誰』

ん、といって手渡されるスマートフォンの検索欄に返事を打ち込む。これで会話を続けた。

『好きな人か、いいたくないな』

『は?なんでだよー』

『いやいや、ゆうすけこそあの子と別れたの?』

『別れたって言わなかったっけ』

『いったけど、信じがたくて』

『ほんとだよ、今はちゃんと好きな人いるし』

『ほんと?だれだれ?』

『そっちがゆったら言うわ』

『えー、ゆうすけだってゆったら?』

『うん』

『うんってなにーーー!』

『だから、うん』

『え、どゆこと?』

『それなら付き合おうってこと』

『え、やったぁ』

『よろしく』

『はい』

これで私たちの関係に終止符が打たれた。

新しい関係の名前は、恋人だった。そして、これは私の初恋でもあった。


恋愛は2ヶ月で終了の鐘を鳴らすこととなる。


あっけない終わりは、案外私の心に傷を残していった。

本気で好きだった。初めての彼氏だった。

初恋だった。にやにやして、みんなにからかわれる日々が楽しくて仕方なかったりして、私は夜、少しだけ泣いてしまった。


それから、空白の恋愛が続く。

好きでもなんでもない相手と付き合って、ゆうにそれは20人を超えていたと思う。

後悔するのはわかっていても、傷を癒して欲しさに求めてしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

内緒にしたこと、 @nonnames

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ