天使のたまご

作者 ラブテスター

40

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 精巧な筆致に乗せられるものは谷崎ふうの歪曲された美である。まぎれもなく条理に支配されたわれわれの世界にひそむ不合理の事件が、まるで事実のようなリアリティをもって描かれる。
 「私」のなんの変哲もない部屋が不浄なユートピアへと変貌する。しだいに部屋を満たす穢れていて、しかし美しいものたちの羅列はワイルドの短編小説のように鮮やかに提示され、その中心にまします「天使」といわれるただ美しく清らかな存在によって、たしかに「私」の日常は破壊されてゆく。
 「私」は彼と同じように死ぬのだとわかっていながらも、そうせざるを得ない脅迫によって、みずから美しい死へと突き進んでゆくことになる。
 短くも研ぎ澄まされたプロットと、ギミックとによる巧みなストーリー・テリングで、読者を一挙に美しいものへの憧れと、同時に頭を擡げるその「美なるもの」への恐怖とに突き落とす怪作である。

★★★ Excellent!!!

タグにメリーバッドエンドと書いてあるように、人によって捉え方が異なる物語。
ただそのエンドまで持っていく展開は見事で、死んだ友人の不気味で不可解な自室を掃除するところからエンドまでの、わからなかったホラーから、知ってしまったホラーに変わる展開は読んでいてゾクゾクしました。
不気味なホラーを読みたい人におすすめの短編です。