スミスミシンとマリーのワンピース

作者 宇部 松清

44

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

うっかり、タイトルを「あ〜〜〜〜〜好き」にしようかと思いましたが、それではまったく誰にも伝わらないと反省しました

見た目は外国人だけれど中身は日本人の然太郎と、名前は外国人だけれど見た目と中身は日本人のマリーさんの繰り広げる、ゆるやかな恋愛ものです。
しかし、この二人、枯れて……いや、すごく奥手で。
二人が心通わせる過程をゆっくりと拝読しつつ、世界を味わっておりましたが、本当に読めば読むほど好きになりました。



なにより素敵なのが裁縫の描写……!
作者様のお裁縫に対する造詣をところどころに感じられて、細かいなあ、と惚れ惚れいたします。
グラスボタンが輝く青のワンピース……、絶対魅力的に違いありません。


お題縛りを一切感じさせない、自然な作品です。

★★★ Excellent!!!

【Twitter連動企画【#リプで来た要素を全部詰め込んだ小説を書く】の参加作品です。

Twitterで集めた8つの要素を使って小説を書く、という企画なのですが、作者様は実に自然に要素を盛り込み、なんとも好感度の高い物語に仕上げました。
女性向けのキャラクター文芸の一ジャンルとして好まれる作品では、と思います。

ほんわかしたい女子に特におすすめ。

素晴らしかったです!

★★★ Excellent!!!

スミスミシンと10回早口で言ったら絶対噛みそうとか。
何、この設定(笑)とか。
9つのお題を探せ!! とか、思ってたんですが。

もう面白くって、後半からはキャイキャイしながら読んでしまいました。

手芸店を営むメガネ男子(マッチョな西洋顔)と日本人形並みの和風美人(平安美人?)のほっこりするラブコメ。

なんだかんだでグイグイくるスミスと半信半疑なマリー(ど日本人)のやりとりがハマります。あと和菓子が食べたくなりました。甘いです。