最終話

 あの悪夢の日から、いったいどれくらい経っただろう?

 もう一年くらい経っただろうか? それとも、意外とまだ一週間くらいしか経ってなかったりするのかも? 最近はまともに時間を認識する事さえ、叶わなくなっている。それくらいあの時の出来事は、俺に影響を与えたと言うことだ。


 俺が今いるのは、病室のベッドの上。あの日あの後、部屋へと入って来た警察のおかげで、俺は命拾いをして。そしてアリサは、その場で逮捕された。

 突入してきた警官は、俺達を見て悲鳴を上げていたっけ。何の心の準備もできないまま、あの惨状を見たのでは無理も無い。


 だけど本当に苦しい思いをしたのは俺の方。あの後すぐさま病院に運ばれたけど、当然だけど失った両足は、もう二度と返ってこない。そしてそれは、公子も同じ……。


「公子、すまない……俺が、グルメブログなんてやってたから……」


 ベッドの上で上半身を起こしながら、後悔の言葉をつぶやく。

 あの事件の後で警察の人から、公子が亡くなった事をもう一度聞かされた。


 アリサの言っていた通り、死体は近くの川に捨てられていて。どうやらアリサのやつ、公子をバラバラにした際の血が付いた服のまま、川まで行ったらしい。そのおかげで近所の人に目撃されて、警察に通報され。結果俺は死なずにすんだのだけど、そんなの全然喜べない。俺は、大切な人を失ったんだ……。


 グルメブログなんてやっていたせいで、アリサというとんでもない女を呼び寄せてしまった。

 もうあのブログは、二度と更新する事は無いだろう。とても新しく書く気にはなれないし、それ以前に俺にはもう、物を食べて喜ぶことができなくなってしまっていた。

 何を食べようとしても自らの肉の味を思い出してしいまい、吐き気がする。

 だから今は点滴で栄養を取っているのだけれど、もしかしたら一生このままかもしれない。


 けど、もうそれでもいいや。どのみち趣味だった料理も食べる事も、二度と楽しめないだろうし、公子だって失ってしまった。死にたくは無いけれど、もう人生なんてもうどうにでもなれって思うよ。


 ただ時々考えてしまうのは、アリサのこと。俺が最後に見たのは手錠をかけられながらも、「放して! 私はもっと、久留米さんと一緒に久留米さんを食べるの!」と叫んでいる姿だった。

 当然アイツは今、警察の世話になっているだろうけど、きっとと取り調べは大変に違いない。何せ頭がいってしまっているサイコパスだからなあ。


 けど、気になっているのは、そんな事ではない。あの日、痛みを感じないよう俺の足の肉を切り分けたアリサ。その時アイツは、こんな事を言っていなかったか?


『私、先生にちゃんと習ったんだもの。筋が良いって褒められたわ』


 アリサの言葉を信じるなら、人間を活け造りにする方法を、誰かに習ったと言うこと。あんな非人道的な事を、いったい誰に習ったと言うのだろう? もしかしたらそいつも、アリサと同じように、誰かの肉を食べたりするのだろうか……。


「……バカバカしい。あんなのが何人もいてたまるか。アリサの奴の言うことなんて、信じることねーな」


 それは本心からの言葉なのか、それともそう信じたいだけなのか。自分でもよくわからない。

 けど、もういいんだ。どの道もう、あんなのと関わる事なんて無いのだから……。


 考えるのを止めて、ボーっと窓の外を眺める。すると不意に、病室のドアをノックする音が聞こえてきて、担当医の先生が顔を覗かせてきた。


「お加減はいかがですか?」

「まあ、ぼちぼちです」


 軽く会釈をしながら、質問に答える。

 歳は四十代後半か、五十歳くらいと言ったところ。人のよさそうな顔をした男の先生で、病院に担ぎ込まれた直後、半狂状態だった俺の怪我を診て、心のケアをしてくれてた恩人だ。

 先生はベッドの横まで来ると、さらに質問を重ねてくる。


「食事は、まだとれそうにありませんか?」

「はい、すみません……。食べた方がいいって分かっているんですけど、どうしても……」

「分かっています。あんな事があったんですもの、無理はありませんよ。でも少しずつで良いので、また食べれるようになりましょう。健康な体を作るには、やはり食事は大事ですからねえ」


 導くように、優しい言葉をかけてくれる先生。

 公子はもういなくて、足も失ってしまったけど、俺は生きていても良いのだろうか? また前みたいに物を食べても、許されるのだろうか?

 できるなら、そうありたい……おや?


「どうかしましたか?」

「先生、もしかして手術していました? 何だか血の匂いがするような……」

「ははは、きっと気のせいですよ。さて、私は次の患者さんが待ってるのでこれで。何かあったら、遠慮無しに呼んでください。アナタには健康になってもらいたいですから…… 良い肉を育てるために


 来た時と同じように、ドアを開けて出て行く先生。最後に何かつぶやいたようだったけど、よく聞き取れなかった。

 まあいいかと思いながら窓に目を向けて、さっきと同じようにボーっと外を眺める。



 ……そういえば。手術をしていないなら、先生はどうしてメスを握りしめていたのだろう?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

世界で一番美味しい物って、好きな人と一緒に食べる料理ですよね! 無月弟 @mutukitukuyomi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画