俺の脳内にメロンパン職人の魂が転生してきたんだが

作者 古川 奏

121

43人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公とメロンパン職人とのやりとりが面白いです。なぜ主人公の脳に転生してきたのが「パン職人」ではなく「メロンパン職人」なのか、どうして主人公がメロンパンと向き合わなければならないのか、読み進めていくうちに「なるほど」となりました。
それにしてもこの作品のぶっ飛び具合は何なんでしょうね?
作者さんには脱帽です。

……あぁ、メロンパンが食べたくなってきた!

★★★ Excellent!!!

「う〜ぃメロンパンってふざけてるじゃんなんなーん?」という軽い気持ちで読んでみてください。
思考が停止することでしょう。

単なるコメディーだと思って読み流しても。
メロンパンの秘めたる可能性に気付き感動しても。
nパターンの読み方で楽しめます!
それではどうぞっ!

★★★ Excellent!!!

一言で表すとメロンパン至上主義文学。
好きとか、愛してるとかという次元を超えて、メロンパン以外は大切に思えないサイコパス、メロンパスなキャラクターが登場します。

クレイジーです。この物語は。この作者様は。脳味噌がメロンパンで出来ているのでしょうか。

でも、だからこそ面白いんですよね。小説というのは。エンジン全開でふざけてくれるからこそ、得られる癒しがあります。

あなたも読み終えた頃にはメロンパンが食べたくなってくるはずです。えぇ、私は今さっき買ってきました。ど深夜なのにメロンパンを。そしてボロボロとくずを落としながら、このレビューを書いています。影響力すごい。

★★★ Excellent!!!

最高に壮大で、最高に愛に溢れていて、最高にふざけていて、最高に笑える物語がここにはある。

なぜメロンパン1つで異世界スケール、宇宙レベルの話になるのか。作者さまの手腕には改めて驚かされます。

腹抱えて笑いました。
現場からは以上です。

★★★ Excellent!!!

途中からこの『メロンパン』というものが、果たして私の知ってるメロンパンなのか、それともそれとは全くの別物だったろうか、みたいな感じになります。

ゲシュタルト崩壊します。
メロンパンが崩壊します。

もうやんなるほどメロンパン。
やんなるほどメロンパンなのに(むしろ、だから?)面白い。

あと、読了後は絶対メロンパンが食べたくなるので、読む時間には気を付けましょう。

★★★ Excellent!!!

この作者さん、前々からおもってたのですがやっぱり天才です。
メロンパンでここまで引き込まれる物語を読めるとは思いませんでした。脳みその中、メロンパン入ってんじゃないですかね。
さて、読者の皆様。お腹を空かせて読みましょう! 私は今からコンビニに走って、メロンパンを買ってくることとします。では。

★★★ Excellent!!!

ネタバレをします。
主人公がメロンパンを作る話です。


感想を書きます。
メロンパンが食べたいです。


メロンパンが愛を証明します。真心はメロンパンを遥か高みのメロンパンへと昇華させます。

メロンパンは世界の境界さえも乗り越えて、確かにひとつの恋を繋ぐメロンパンとなるのです。



何を言っているのかわからないでしょう。大丈夫です。読んでください。


――メロンパンだ、ということがわかるはずです。

★★★ Excellent!!!

相変わらずのツッコミ不足に、テンポの良い会話、キャラクターの顔の見えなさと、なんとなくいい感じ風な締め。
あいも変わらない古川節といったところでしょう。
たまらない人にはたまらないし、そうでない人にとっては苦痛を感じる作品です。
そんな好き好み分かれる作風かもしれませんが、それでも。
少なくとも、私はいまや立派なファンの一人です。
なので、きっと、私と感性が似てる方は良い出会いになると思います。
是非、ご一読を。

★★★ Excellent!!!

人間、訳の分からないものに直面すると笑ってしまうと言われています。

果たして今、私が笑っているのは、訳の分からない話を読んだからなのでしょうか。ただコミカルなやり取りを面白がっているのでしょうか。

異世界と書けばなんでも許されると思っている作者さんの渾身の怪作。こまけーことはおいといて、とにかく字面だけで笑ってみるか、それともこの物語が内包する、深い愛情がもたらす奇跡にうち震えるか。

それは読み手であるあなたが決めることなのです。

★★★ Excellent!!!

そう思った事が僕にもありました。

でもこの発想はなかった。

これがもしチョココロネだったら、ラストシーンのおかしみや美しさは、いささか茶色くべったりとしたものになっていたでしょう。

ですからそのあたりも含めて、メロンパンであることには! 必然性が! あるんですよ!

と、声を大にします。