《完結》幼馴染の彼女にフラれたらモテ期がやってきた。そんな俺の恋活を元カノが全力で邪魔をする

作者 yuzuhiro

2,560

1,015人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

今まで色んなラブコメ作品を読んできましたが、正直ここまで残念で非常に勿体無いのは珍しいかったです。

タイトル通り幼馴染が嫌われキャラになるのはまだ分かりました。
主人公の恋愛が成就して複数のヒロインキャラの内の一人と引っ付いたのも納得できます。

けど、そこからの展開が残念でしょうがありません。
社会人編に進むならヒロインの変更は無しのほうが良かったです。ヒロインに闇要素があって何が何でも変えたかったのなら納得できますが、これでは清純派のヒロインが別の男に取られた悲しい結末にしか思えなくて残念で仕方なかったです。
 
その後の展開も無理矢理な感じがしました。自分も人のことを言えませんが、強引でも完結したいのなら後輩のヒロインと引っ付いた方がまだマシだと思いました。

結論を言うとやはり高校編で完結扱いにした方がずっと良かったと感じました。
そこからIFルートで他のヒロインとも恋人展開になったら面白かったと思います。


最後に色々と言ってしまってすみませんでした。
ですが、本当に惜しいと感じなかったらここまで書いたりしません。勿体ないと心から思いました。

途中まででしたが、本当に良い作品でした。



Good!

途中までは、ヒロイン多すぎてどういう決着になるのか楽しみにしてた
そしたら割とあっさり決まって、事後録もそんなに無いし、すぐに社会人編

そしてなにより会社と家族の為に知らん男と結婚って言うヒロインNTRはキツイです。
ここからワンチャン復縁あるかとおもって、適当に読みましたがそれもなかったので、リタイアしました。
かなり感情移入するタイプなので、気持ち悪くて吐きそうです。
甘々からのハッピーエンドを期待する人にはおすすめ出来ないですね、、

★★★ Excellent!!!

人生って、何があるかわからないんですよね。恋愛って、人生の中の大半を占めるものだと思っています。恋愛=人生と言っても過言ではないと思うんです。上り坂、下り坂、すべてを『恋愛』と呼ぶのだと思っています。私は、この作品は『人生』と呼ぶべきだと思います。完結、おめでとうございます。

Good!

最後までハラハラして読ませていただきました。

他の方が言うようにラブコメというよりドロっとしたヒューマンドラマです。

ざまぁですがすっきりする程のようなことはないのでざまぁ目当ての方はそれを考慮して読んでください。(ネタバレに含まれるのかな?

あとは個人の感性の問題ではありますが胸糞タグが欲しい内容です。

★★★ Excellent!!!

全体としては良い結末だと思います。
書籍化を期待してます。ボリュームアップやサイドストーリーなど。
結末は誰エンドでも読者の好みで賛意両論あるんでしょうが、
作者のエンドを支持します。個人的には幼馴染ちゃんが救われないなあとは思いますが、結局嫁ぐことなく京極さんのままってのもある意味リアルかもしれません。

Good!

ジャンルはラブコメに設定されてますがラブコメではありません。
じゃあ何だ?と聞かれたら、う~ん、ヒューマンドラマですかねぇ。

「ざまぁ」タグが付いてますが明確なざまぁはありません。寧ろ主人公が鳴海にざまぁされてるような…?タグの再考をするのでしたら、NTR(ラレの方)を付けて欲しいですね。

タイトル名は面白いですね。「幼馴染」にとありますが、全力で邪魔してくるのは「元カノ」。確かに幼馴染も邪魔はしてきますが物理的なちょっかいよりも、精神的な深い楔を打ち込んだ「元カノ」は厄介でしたね。

多くの方も仰ってますが、元カノが終盤から消息不明になってるのが残念でした。末路を敢えてハッキリさせたくなかったのかも知れませんが。やり過ぎるのを避けたのかも知れません。
運転手付のレクサス乗る位なので会社は落ちぶれたわけでもなさそうでしたが、婿入りしたはずの間男に会社乗っ取られてるっぽいし、ボケた母親が夜な夜な謝罪を繰り返している時点で幸せな家庭を築いているとは思えないので、それで良しとすべきでしょうかね…。
ただ、子供の世代でも元カノの血筋が絡んでくるみたいなのは胸糞悪いだけでした。
元カノさんをボカすならボカしたままにして欲しかったかな。

また他の作品を書かれたらこの方の作品ならば読んでみたい。
そう思わせる品質でした。楽しみにしています。

Good!

1章の高校生編までは完成品。数多のラブコメの中でも至高に近かった。この部分までならどんな人にでも最高に面白いと思う。しかし2章の大学生編から雲行きが怪しくなり、3章の社会人編で完全に壊れた。仮にも1章、2章においてメインヒロインかつ主人公の恋人だった女を他の男とくっつけるとは。社会人編からが蛇足としか思えないレベルである。いやむしろ大学生編までが無駄だったまである。どうせ別れさせるのにあそこまでのイチャイチャは必要だったのだろうか。
この小説を読みに来てる人たちの年齢層は定かではないが、社会人もかなりいるとは思う。でも恐らく男子高校生あたりが多いのではないだろうか。その年頃だとかなり発想力も豊かだし、物語に感情移入もできると思う。しかし逆にそういう人たちにとってこの作品は地獄である。
現代ハーレムラブコメにおいてハーレムエンドなんてものは稀である。普通は主人公は1人を選ぶし残った他のヒロインたちはもちろん物語の後に別の男と結婚してると予想される。でもその描写を物語の中に入れるだろうか?いや入れない。そしてそういうヒロインたちも主人公の後にまた恋をしてその人と結ばれての愛のある結婚だと思われる。しかし本作においては全くそれには当てはまらないのである。
1番初めに述べた通り、高校生編までは誰にでも楽しめる。胸糞待ってると知りながらその前部分まで見れる人や圧倒的鋼メンタル持ってたり、感情移入しにくかったりする人にとってならばかなりの良作になるのではないだろうか。

Good!

話の入り方としては面白いと思いますよ。ただ『そんな俺の恋活を元カノが全力で邪魔をする』これに尽きるのではないでしょうか。
現在100話越えた時点で、全力で邪魔をするシーンはございません。蚊に刺された程度の邪魔はあったかもしれませんが、それを全力か?と問われれば「否!!」と自信をもって言えます。なので全力の邪魔が出てくることによって主人公のパートナーが決まるのではないでしょうか。この行動が出てくるまで我慢強く読むことのできる自信があるのならば読んでみてはいかがでしょうか?様々な女性が出てきますが、いったいどの子に落ち着くのか?はたまた別の女性が・・・と主人公の相手候補が誰になるか待たされる作品だと思います。
サイトのジャンル分けとして男視点=ラブコメ・女視点=恋愛となっているのでジャンルとしては間違っていないかと。ただ内容的には学生編(主に高校生)はコメディな感じで社会人編(高校卒業後)からはヒューマンドラマって感じになってきているので、コメディ要素を堪能したい人には辛い内容になるかもしれません。

Good!

完結とのことなので追記。

タイトルに何かギミックがあるのかと、
思っていましたが、元カノが全力で、
恋活を妨害するという部分は、
割愛されたのか、元から特に、
意味が無かったのか、その描写は皆無で、
終ってしまいました。

タイトルには特に意味がないという、
作品には、なりましたが、内容としては、
良く出来たヒューマンドラマ的な、
主人公の心の成長を追う、
恋愛小説に、なっていると思います。

以下は以前までのレビュー内容です。

あくまで現時点まではのレビューなので、
完結すれば内容は変わるかもしれません。

丁寧で引き込むような描写で、
雰囲気イケメンなモテ男だったハーレム主人公が、
次々に女性に振られ、傷つき女性不信になり、
更に色んな女性に手を出す・・・・という流れとなります。

もっとも客観的に見て、主人公は、
八方美人で、序盤から、いろいろな女性に、
手を出すハーレムチャラ男として描かれているので、
そういう男が落ちぶれるのを、楽しむという視点で、
読むならば、とても面白いと思う。

ハーレムチャラ男な主人公に感情移入して、
女性は、一途に献身的に男に従うべき!
という方は、読まない方が無難でしょう。

どんでん返し好きな作者様の、
過去作の傾向、特に「あなたがいたから」が、
一番わかりやすいですが、
タイトルの意味を回収するのは、
終盤間際になるとおもうので、これからも、
ハラハラの展開が続いていくと思います。

あくまで ”幼馴染” が全力で、邪魔をするとは、
書いておらず、”元カノ” が全力で、
と謳ってあるので、この部分にギミックがあるのか、
作者様が、どんな驚きを見せてくれるのか、
そういう推理要素も、見え隠れしたり?


ラブコメディではなく、ちょっとした、
ラブサスペンス劇場だと思えば、
しっくりくるかも?

Good!

なかなか周りに流されずここまで下げて上げてまた下げてを描写出来るのはすごいと思います。

この表現が妥当かどうかはわかりませんが、
某汚れた彼女をスワップする作品でNTRれた幼馴染兼彼女を駆逐してヒロインが主人公と上手くいくまでと、その後日談8年後婚約したのにも関わらずヒロインが母親に唆されて元カノ以上にヒロイン有責でゲスいNTRをされると言った内容(現状ではNTRは無いらしいですが)に近いかと思います。(他作品と比較していいのかな?)

高校時代に幼馴染兼彼女から人格否定されるような一方的な別れを告げられた後にそこから救う彼女が出来るが更にその彼女に前カノを上回る程の一方的な裏切りをされる主人公がどうなっていくのか?という非常に重たい内容です。

上手くいった後日談に大どんでん返しがあるというなかなかタブーなことに挑戦されている作品かと・・・

最後に
ジャンル(ラブコメ)となっていて非難が集まっているように感じますが、一度カクヨムのジャンル分けを一読することをオススメします。カクヨム視点のラブコメとは?世間一般とかけ離れたジャンル分けがされていて興味深いです

Good!

他の人も書いてますが、高校編までで終えてたらは若干有りますね。

又、高校編までならタイトルとあらすじの通りですが、それ以降は、
もう別のタイトル付けて続編にした方が良いぐらいの気も。大体、
タグのざまあじゃあないでしょ、これ。

特に、結婚まで考えた彼女の下りは、長年付き合ってたの知っててこのタイミングで言うのかですしね。こんななら、一番最初の彼女とやり直した方が良かったんじゃあ。

まあ、今までの彼女らに対しての ざまあ 何てしなくて良いですが、
これからどう流れるのか。

★★ Very Good!!

第一部、失った少年が支えられ新しい恋を受け入れるまでの物語
第二部、手に入れた恋を奪われるまでの、幸福に歩む青年の物語
第三部、虚無に囚われた男は まだ溺れたまま。

高校時代で終われればハッピーエンドだった。
それは充分の話数を備えていた。

それまでの話を否定するバッドエンドへの幸せの時間は、その半分程度。
はじめの物語は踏み荒らされた。 
それが次の物語に必要な行為だと暗に示されて。


理解しても怒りに背を向ける人もいるだろう。
そりゃそうだ。

Good!

物語は高校生編とそれ以降で大きく性格が変わります。全体としては読みやすい文章や構成でとても良いです。
高校生編は幼馴染のおかしな言動から始まる典型的なラブコメでサクサク読んでいけます(終盤で破局フラグがありその後の展開が読める。)何故ここで終わらなかったのかと。
それ以降は破局に向けての重めの話になっていきますが、ストーリーを重視するあまりキャラの言動がバラバラになっており(キャラの掘り下げ不足)、感情のないロボットが演じているような違和感が多々あります。
高校生編単独なら星3、それ以降単独なら星1、全編としてはとても残念な出来となってます。 読み手を選ぶ作品。

★★★ Excellent!!!

回を追うごとに、読者の気持ちを引き込むストーリー展開になり、次を読みたくなる秀逸な作品です。
主人公はとても誠実で魅力的な人間ですが、反面、融通が利かない頑ななところがあり、このことが、これまでの恋愛においてネックとなっています。
又、最近のストーリー展開では、失恋の痛手からか、体だけの割り切った付き合いができるほど性格に変化が見られており、恐らくは本人でさえ気付かないところで、自分を傷つけているのでしょう。
本来の誠実さが戻り、頑ななところがなくなった時、自分にふさわしい相手との恋を成就させることができるのだと思います。そうなってほしいです。

私から作者へお願いがあります。
主人公は、別れた相手を切り捨てることができるクールな面がありますが、この設定は変えないでほしいです。
紫穂里が自分の過ちに気づき、よりを戻したいと願っても、主人公はこれに惑わされず、見返すくらいでいてほしいです。
他の運命の人との恋を成就させてあげてください。願わくば、候補者の中に脇役ながらも魅力的な、朱音も加えていただけるとありがたいです。

今後の展開を、楽しみにしています。

★★ Very Good!!

結論から言えば、この小説は人間描写の生々しさや現実の理不尽を描くことに秀でており、報われない主人公が報われてモテモテになるようなご都合展開が嫌いな人ならハマる作品だ。主人公は信じた女に裏切られ続け、それでも懸命に愛を紡ごうと必死になっている。その泥臭いほどのいじらしさは、主人公を応援したくなったり、逆に未熟さが残る主人公にもどかしくなったり、裏切る女キャラに怒りを覚えたり、逆に共感することができるかもしれない。それほどまでに登場人物が生き生きと、そして生々しく活躍しており、WEB小説というより昼ドラないし韓流ドラマの脚本を思わせる高いクオリティを持っている。

良くも悪くも主人公は読み手と等身大であるがために、女達の底知れない強さ、人間の汚さ、自分ではどうにもならない過酷な現実に対処しきれず、そこに神(つまり作者)の手助けや読者の想像を超えた閃きを得ることも出来ず、ただ困難に足掻く中で傷付いていく。リアリティが高く、ラノベのような奇跡はこの作品ではほぼ起こらない。しかし愛憎劇としての面白さに注力したためか、話が進むにつれてラブコメとしての面白さは失われていった。

高校編を過ぎた辺りからのラブコメ要素は誇張抜きで全く無い。遂に結婚を決めた女からも裏切られた主人公は、独身のままアラサーを迎えて不特定多数の女をセフレにするほどの女性不信になるが…高校卒業後からここまで、笑顔で読みすすめた人はいるのだろうか?恐らく作者も含めた全員が、真顔で読んだのではないだろうか。

この小説のクオリティは高い。恋愛小説としては星3つ以上付けたいが、ラブコメとしては星1つか半分だ。

★★★ Excellent!!!

63話まで読んで回れ右しましょう。そこまではラブコメとして楽しく読めます。それ以降は鬱展開への耐性がない方には現状厳しいものとなっておりますのでオススメできません。

良くも悪くも王道じゃないリアル寄りな恋愛模様が読みたい方は社会人編も読んでみて下さい。いろいろな意見が出ていますが、心にくるものは確実にあります。私は好きな作品ですのでおすすめします。

★★★ Excellent!!!

過去から読んでますが良い話です。

大体の創作系は分かり易いハッピーエンドや相手が悪でざまあ展開だったりとか
です。

この作品はちょっと違うのが良い。

それに主人公も周りの女性たちも一途だったり優しいくせに大事な場面で裏切り
謝罪はするくせに綺麗な関係で終わろうとしたり復縁したりしようとする人ばかり。

何より主人公が苦しむのが個人的には愉快。
良いスペックの女を選ぶが人を見る目がないから結局長く付き合って捨てられる。

新たな3人目が出たら同じく捨てられるはず。
学生時代から態度が悪いのも気に入らなかった。

そして今回も彼女に怒りをぶつける癖に中途半端に甘いから追い詰めはしない。
これからもその甘さで今まで通りモテつつも苦しめばいい。

ご都合主義のハッピーエンドが来ない話。好きです。