幼馴染の彼女にフラれたらモテ期がやってきた。そんな俺の恋活を元カノが全力で邪魔をする

作者 yuzuhiro

2,022

768人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

あんまりリア充ストーリーは読まないんだけど、いろんな意味で面白いです。
実際に人気のある奴は、モテるし友達も多くて陣のように場面場面で彼なりの行動をしていくんですよね。中高生時代の仲間の1人を思い出しながら読んでいます。
あるシーンから批判めいた読者が増えたみたいだけど、気にすることなくマイペースで進めてくれることを1読者として望んでいます。頑張れ!!

★★ Very Good!!

負けヒロイン大好きおじさん的には元カノが後悔する描写をもっとくれると嬉しい。
というか元カノさんちゃんとわきまえて全力で邪魔しないようになってるので、修羅場感あんまり感じられないですね。暴走して全力で邪魔してほしいです。
個人的にこの手の話はずるずるやるよりもコアな話をぽんぽんテンポ良く出して完結した方が綺麗に終わると思う。

Good!

純愛系はほとんど読まないけど、タイトル見たらドタバタラブコメかな?と思って読み始めたらマジ面白く30話くらいまで一気読みしたんだけど、途中部活ネタの方をなぜか気になりだして笑

試合も臨場感があり、特に地区予選決勝戦後のハラハラな緊迫感はマジ良かったですよ

何故、恋愛話より部活ネタを楽しんでしまった理由は他の方のレビューで納得

キリのいいとこで切り上げるか、熱血スポコンとまでとはいいませんが部活メインにしたほうがいいと思います

★★★ Excellent!!!

漫画の編集者さんの発言を作家さんの単行本で読んだことを抜粋しますと、

「すべての作家は内容がほぼいっしょ

友人からきいた話によると
あかほりさとるさんの発言
「上の命令を聞かない作家は役にたたない

巷の作家応援ファンクラブに言わせますと
「頑張って作家!応援してます!

秋本治さんがこち亀をやめた発言の記者会見
「ああ、やめます。
肩をすぼめた感じで言われてました。


ここの部分をこう変えたら、この利益が出版社に生じる。
そのことだけを追究するといい作品がなかなか出来ないけど、

大手声優事務所担当者さまのお言葉。
「実質声はどうでもいい。面接にきれいな靴を履きこなしてくるか。もちろん。きれいな靴で」

漫画家さんのパーティー会場写真を昔見ました。
文章は「イエーイ!」写真は参加者が全員背広。

上の命令を聞いて話し合い。
「ここを直せばよくなる」という
コメントがないと、否定的な読者コメントはただの悪口。
作家が出版社と儲かるために、読者やファンは、疑問に思った内容を良くなることを願い告げる。

悪口だけのコメントを作家に送る人は
作家を罵倒するだけでなく、未来の出版社を愚弄することになります。
作家さんが偉くなった場合、
悪口だけの人は「何も作れないばかりか、自身の首さえ絞めかねない」

出版社さまは強大な組織です。

さて、この作家さま。
ルビがふってあって読みやすいね。
読みにくい文章は疲れて読めません。
読者が疲れるとその本は
「立派な枕になります」

★★★ Excellent!!!

自分的には、メッチャ面白くて好きです。
以上……て、感じです。更新楽しみにしてますんで、応援してます、よろしくお願いします……としか言えません。
部活系の男女の話とか……リアルな感じでラブコメに書くとか、結構難しいと思うんですが。それをサクッと書くとか、素直に凄いと思います。