三月の雪女

作者 プラナリア

35

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

生きること。死ぬこと。
運命。
誰かを、深くただ一心に愛すること。
愛する人と別れること。
自分の想いを追って彷徨うこと。
表現すること。自分の中から想いを引き出せない苦悩。
その苦悩こそが輝きであること。

今、目の前を愛すること。
ただ、前を見て歩くこと。

あまりにも様々な感情が押し寄せ、まともなレビューになりません。
けれど——「生きる」ということの輝きが、作者様の心からとめどなく溢れ出しているのです。

まずは、物語の扉をあけてほしい。無心でページをめくってほしい。そのまま、最後の一文字まで読んでほしい。
言葉では書き尽くせない深さの哀しみと、それと同量の強い輝きに満ち溢れた物語です。