コンビニ

作者 葉月めいこ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全63話

更新

  1.  
  2. 第1話 俺はそんな出会いは求めていない!
  3. 第2話 どうしても会いたくないって思うのは当然だ!
  4. 第3話 ねぇ、どれだけ執着してんの? ストーカー?
  5. 第4話 相談する相手を間違えたかもしれない。
  6. 第5話 こういう展開ってお約束なの?
  7. 第6話 こういう展開は慣れてません!
  8. 第7話 嘘も方便といいますが、ばれる嘘は意味がない。
  9. 第8話 どこへ転んでも不安が尽きないこの感じ
  10. 第9話 眩しすぎて思わず想像してしまった。
  11. 第10話 面白いだけで繋げちゃうって大雑把
  12. 第11話 真剣なその想いは一体いつから?
  13. 第12話 思いがけずこぼれた言葉は取り消せない。
  14. 第13話 簡単な答えさえもうまく言葉に出来ない。
  15. 第14話 楽しいって思うことはよくないことなのか。
  16. 第15話 どうしてそういう結論が出てくるんだ!
  17. 第16話 恋は落ちるものと言いますが、簡単に落ちすぎ!
  18. 第17話 まずはスタート地点からやり直そう!
  19. 第18話 そこにはちゃんと理由はあるんだ。
  20. 第19話 でもまだはじまりの想いが見当たらない。
  21. 第20話 そんな理由で好きになってたらきりがない。
  22. 第21話 好きは簡単そうで難しい、はずなんだけど
  23. 第22話 ぐるぐると渦巻く感情の真ん中が見えない
  24. 第23話 その甘さに溶かされてしまいそうになる
  25. 第24話 好きだから身動きできなくなる
  26. 第25話 わからない感情と見えている感情の違いはなに?
  27. 第26話 悪いところより良いところが多くて困る
  28. 第27話 いじらしい言葉に少し胸がときめいてしまう
  29. 第28話 もう少し真面目に考えるべきなのかもしれない
  30. 第29話 いつもと違うだけで落ち着かないのはなぜだろう
  31. 第30話 駆け引きになんて絶対乗らないんだからな
  32. 第31話 期待した先がなにも見えなくて怖くなる
  33. 第32話 なにもしてくれないことに傷ついてなんかない
  34. 第33話 こんな展開は予想をしてなかった
  35. 第34話 この痛みも感情もすべてがきっと間違いだ
  36. 第35話 そんな言い訳、簡単に飲み込めない
  37. 第36話 そういういじらしさはやっぱりグラッとくる
  38. 第37話 答えはもうずっと前から決まっていたんだ
  39. 第38話 人間、いざという時は開き直りが肝心だと思う
  40. 第39話 なにごとも慣れればなんてことはない
  41. 第40話 あんなに難しかった感情が簡単に解けた
  42. 第41話 立ち止まった時に少しくらいの休憩は必要だ
  43. 第42話 自分の選択が間違いじゃないって思う瞬間
  44. 第43話 これから二人で始める新しい恋
  45. 桜色の恋はじめました
  46. 第1話 春爛漫!新しいはじまりの日
  47. 第2話 芽吹いた花の蕾はまだ青く閉じたまま
  48. 第3話 花が開くかどうかはこれから次第
  49. 第4話 花のほころびはもう少し?
  50. 第5話 緩やかに咲き誇る気持ち
  51. 第6話 美しい花は自由気ままなものである
  52. 第7話 実を結ぶのはまだもうしばらく先か
  53. 第8話 花を咲かせるためのポイントは
  54. 第9話 甘やかな花の香りには抗えない
  55. 第10話 どんなに願っても実を結ばない花もある
  56. 第11話 世界で一番愛おしい花
  57. 第12話 ゆっくりと熟れていく花の果実
  58. 第13話 花の実が弾けて飛んだ
  59. 第14話 蕾は萎れて下を向く
  60. 第15話 花が開くかは愛情次第
  61. 第16話 小さく咲き始めた淡い花
  62. 第17話 心に芽吹いた花
  63. 第18話 寄り添う花はなによりも健気だった
  64. 第19話 胸に咲いた花を枯らさないために
  65. 第20話 その花はどんな時も一番近くで咲いている