エロ本ライダーと自殺系女子のメランコリア

作者 詩一@シーチ

54

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

エロさ。卑猥さ。
下品でいやらしい意味を張り付けられたそれらの言葉が、悲しみを伴ってしまう時。
主人公は最低ですが、彼はメランコリアを背負いつつ、なんでも無いフリをして今日も過ごしています。そんな彼のメランコリアをこじ開けるのは、一体どんなエロさでしょうか。

僕はただ、純粋なエロを取り戻したい。そんな気がしてなりません。

★★★ Excellent!!!

メランコリニスタ 静かなハイで眠れない
――YUKI「メランコリニスタ」より

冒頭から始まるぶっ飛んだ設定。

エロ本にライドする男。(意味がわからないと思うが、そのままの意味だ)

その男に依頼を持ち掛ける少女。

ブックライダーという能力を持つ人間がいる世界の話だが、
実のところそんなことはどうでもいい(失礼、どうでもいいは言い過ぎました)

これは、何かが欠けてしまった男と少女の希望の物語だ。

だからこそ、ぶっ飛んだ設定・内容でもぶれることなく読者の心を掴む。

タイトルに惹かれた方はぜひお読みください。
ただし、ニケツする際はご注意を。

★★★ Excellent!!!

レビューさせていただくのになんの躊躇もありませんでした。
センシティブであろうとエロティックであろうとこういうセンスと疾走感だけで成立できる小説こそがわたしが欲するものだからです。

リズム。

私事で恐縮ですがわたしはリズムに命を賭けます。

望むのはアフリカ大陸に端を発する、日本の祭礼のプリミティブな感情に端を発する本能のリズム。
それがこの小説を貫いています。

意味など無意味。
無意味こそが全ての人間にモノを考えさせる究極のコンテンツです。

ライド。

狂っても、構わない。
叫び出し走り出したくなるようなセンスとロック・スピリッツの塊のような作品です。

お勧めいたします。