カレーを食う

作者 神澤直子

42

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ちょっと遅めの時間帯、孤独な男性がひとりチェーン店のカレーを食べるお話。
見たものや感じたこと、脳内に浮かんだ事柄をそのまま活写したような、独白形式の文章。つらつらと流れていく文章の、独特の滑らかさがなんだか癖になります。
カレーの味や見た目、あるいは店舗内の様子などを逐一、それもかなり詳細に描写しているのですが。面白いのはカレーそのものではなく、『それらが主人公の目にはどう見えているのか』という、つまりは主人公の視点です。
といっても、特別極端な考え方をするわけでもなく、ただ次々に思考が重なっていくだけなのですが、でもその流れの中で少しずつ浮かび上がる主人公の人格。目の前にあるのは普通のチキンカレーでしかなく、しかも客観的にはそれをただ黙って食べているだけだというのに、確かに文章の中に積み上がっていく、何か面白みのようなもの。
書かれている出来事から、その世界の枠を規定する〝視点保持者の目〟を紐解き、それを脳の中で再構築する楽しみ。その上で浮かび上がってくる小さな情動の、そのびっくりするくらいの生々しさ。なんとも味わい深いお話でした。

★★★ Excellent!!!

こづかい万歳と孤独のグルメを合わせたような作風のこの作品は、本当に非モテの男がだらだらカレーを食べながら自分の思考を垂れ流しているだけなんですが、だからこそ小さな自分ルールへのこだわりや妙な偏見が味わい深いです。
サクッと爽快ではないけど、深夜にひとりで見て辛いような幸せってこれだよな…と思えるような不思議な作品

★★ Very Good!!

 仕事終わりの男性が、カレー店に入って注文し、カレーを食べ終わるまでのそぞろな思索のお話。タイトルからストレートにど真ん中へ投げ込まれたボール。
 主人公はチェーン店の安いカレーにあれこれと思いを馳せるのですが(それこそカツの肉より衣の方が厚いとか悪口みたいなことまで)、それを読んでいると無性にカレーを食べたくなってきたのでこれは作者さんの勝ちです。カレーを食べたい口にされてしまった。

★★★ Excellent!!!

 昨今、食べ物に関する小説はどれもこれも美味しそうに書かれていますが、個人的にはこういう食事を一風景として切り取っている小説が好きです。淡々と、無関心に、特別美味しいと思わずぼんやり食べる。僕も食事は面倒くさいと思っている方なので、読んでいて親近感が沸きました。カレーに一切の感慨がなくてビールが最高って言ってるところの退廃感が最高です。