天気職人の本気

作者 御子柴 流歌

恋人たちの何気ない一言が、職人魂に火をつける

  • ★★ Very Good!!

「ホワイトクリスマスってすっごく憧れる」と彼女が言い、
「……じゃあ、サンタクロースにでもお願いしよっか?」と彼氏が答える。

クリスマス前のありふれた恋人たちのやり取りを雲の上で聞く男達。

「サンタクロースには天気操作なんてできませんよ、って話ですよ」
「全くだ」

呆れ顔を浮かべる若い男の愚痴に年配の男がぶっきらぼうに答える。
そして……

「しかし、だ」

そう言って顔を上げる年配の男の瞳には、たしかに炎が宿っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

藤屋順一さんの他のおすすめレビュー 1,321