第40話 ニャトーリョシカ<完>

そうして、マツが赤ん坊無二にとりついた後……

そんなこととはつゆしらず、ゆきたちは団らんの時間を過ごしていた。。



ゆき「やっと、無二も落ち着いてきてよかったよ;もう心配したんだからね・・」


無二「ゆき……私、全然覚えてなくてごめんね;なんだか前もこんなことあったみたいだけど 迷惑ばっかりかけちゃったね; ゆき??……だあいすきだよっ//]


ゆき「も、もう・・無二ったら他の人みてるよ?? けど、私も……//]


にぇにぇ「こりゃ見ちゃいられないにぇ。。おたんこなす娘もそろそろ目覚めそうにぇ??」


シャーベット「ふふっ、あっ確かにそろそろ時間ですね!!」


みあ「うんうんもうすぐだよねっ、絵美の記憶戻るの♪」



絵美「……う、こ・・・ここは…うちは、こんなとこで何してるんや・・」

  「そや!!無二っ、、それにまつ!!!!!」


ゆき「目、覚めた見たいだねっ。絵美、 もう終わったよ…^^」


絵美「ゆき・・うち、途中から覚えてなくて;えっ、む…無二??なんでおるねん!?」


無二「あっ……、ご、ごめん。。私絵美にも迷惑かけてしまって;」


ゆき「絵美、無二もやっとね解放されたみたいでっ!もういつもの無二だよ、安心してっ^^」


絵美「そ、そやったんや、よかったあ!あんまゆきに心配かけたらあかんでっ」


無二「うっ、うん!!ごめんねっほんとに。。」


みあ「絵美ちゃん、大丈夫??まだ安静にしてなきゃ・・」


絵美「そ、そやなっ。。みあもありがとう!!」



シャーベット「ようやく一見落着ですかねえ?」


無二「そうだよねっ、これで私もゆきたちとずっ…… う、うわああああああああ」


絵美「む、むに?!どしてん?? まさか・・・またなにかが;」


ゆき「そ、そんなうそでしょ??無二、大丈夫?! ねえってば、、無二;」


みあ「むっ無二?? 一体どうなって、ちょっと大丈夫なの;」




無二「あああああああ、頭がああああ。。何かが私の体を支配していくうううう」



マツ「ふははははは、この間はずいぶんな目にあわせてくれたな。。お前たち!!

   きっちりこのお礼は無二を通してさせてもらわないとな……ふははははは」


無二の体から宙に、不気味なマツの声が響いていく・・・・



絵美「な、なんやてっ!!なんでまでいきてるんやっ、マツ!!!」


ゆき「そ、そんなっ・・・あの時確かに、、倒したはず;」


シャーベット「マツ……まだいきてたの??一体どうやって・・・」


みあ「そ、そんなっ・・・・」



その後マツは、無二の体内へ入り込み体内で暴れまくろうとしていた。。。


マツ「ふははははは、こりゃあいい。過去と現代はつながっているため

現代の無二にも影響がでるってことだな……あちきをよくもこんな目に…」

「あいつらの大事な仲間の一人をこうも、壊せるとは・・ふははは」


そうして、マツは無二の体内にある某場所にたどり着いた・・・


マツ「まさかこれは……。無二の心か?しかし頑丈に南京錠で何重にも鍵がかかっている……もしやこの鍵を解除すれば、すべてあちきのものにできるのか?!!」


そうして何時間かかけ、マツがついに無二の心に封されし扉を開けようとした………


無二「あああああああああああ、ああああああやああああめええ、、てええええ」

がちゃがちゃっ、がっちゃ!!!



すると無二の体内から <虹の光>が漏れだし、外へ一斉に放たれていく!!!!



マツ「やった!!!ついにっ、ついにすべてを我が支配下に置く時が!!!ようやく、ようやく・・・……?!! 


なっ、、そ、そんな………

ばかなあああああああああああああああああ!!!!!!!」






その無二の<心の鍵>を開けたマツという<闇>は、マツにとってはまばゆすぎる光にあたる<虹>にチリさえも残らぬほど消し去られていった・・・・・



無二「はあっ……はあ、はあ・・・はあ……はあ・・・」


ゆき「む、むに??さっきからほんと大丈夫…?? どうしたの、一体;」


シャーベット「無二の中で一体何が……?!!それにさきほどの

      まばゆい光……まさか学校で噂されていた虹?!」


絵美「無二、、大丈夫なんかいなっ・・それは…ありうる・・・」


みあ「無二い;ほんと何が起こってるのか分からなくて><心配すぎるよ、、」



無二「ご、ごめん・・・もう大丈夫^^すべて終わらせたよ…ありがとうっ♪」


ゆき「よ、よかったあ>< 終わらせたっていうのが気になるけれど……

   無二いい世界一だあああいすき!!!」


無二「う、うん///ゆきの磁力半端ないよねっ ありがとう♡」




無二内心:人の心に土足で入り込んで…許可なく心の鍵を、こじ開けるのだけは絶対しちゃだめ… 魔が強すぎるマツには、希望でもある虹がまぶしすぎたみたい……♪



そうして、しばし穏やかで優しい時間を過ごすゆきたちであった・・・・・・。



また有愛&紡達は………




有愛「………残念ね・・・魔Ⅱというおもちゃ。案外簡単に壊れちゃった………」

紡「ま、そうだな・・・なあにまた新しい入れ物を用意すればいいだけのこと。そうだろ?」


有愛「ふふっ・・それもそうねっ。そうだ、私にいい考えがあるわ……」


その会話の2日後……某場所にて、子どもたちを呼び集めた<ニャトリョーシカ>抽選会が行われていた。もちろん無二やゆき、みあたちに秘密裏に・・・・・・。





がらがらがらがらっ・・・・・・・←くじの入った器を回す音



紡「あ~~白い玉かあ・・・ごめんね、ぼくう。。残念賞の……ニャトリョーシカティッシュだ。。またチャレンジしてくれっ」


男の子「なあんだ・・・ちぇっ。ニャトリョーシカ欲しかったなあ;」


有愛「次の子~どうぞ、がらがら回してねえ!」


がらがらがらがらっ・・・・・・・・



紡「お、おおおお!!!!大当たりいいいいいいいいいいっ。おめでとうお嬢ちゃんっ、一等賞のニャトリョーシカだっ。お嬢ちゃんは本当に運が良いね~~」


女の子「わあああい、わあああいニャトリョーシカあたったよお!!!」


ゆあ「おめでと~!!さあて、この調子で次の男の子……ふふっ、回してみてねっ」


がらがらがらがらっ・・・・・・・・


紡「こ、これはっ!!!!!!宇宙色の玉・・・ これまた大当たりいいいいいいいっ。今までの中で一番格別のニャトリョーシカだっ、君 持ってるねえ~~♪」


男の子「ほんと??すっげえ、めちゃくちゃついてるぜえっ。ニャトリョーシカ当たったぞおお!!!」


男の子「マミーみてみて!!こんなすっげえのあたった♪ 俺が当てたんだぞっ!!」


母親「あらああ、やったわねっ♪あんた持ってるわねえ~~ おめでとう^^」


男の子「お、おうっ!!はやくこんなしょぼい抽選会場から帰・・・・・・・・」


母親「……えっ??ど、どしたの?! こじまる!? こじまるってば、

   こ、この子どこ見て・・・・・・・・・」






・・・・・・・・・・・・・









ニャトリョーシカ<呪> …………ニヤリ…………。








紡「決まったな……次の器……。」

有愛「…………ええ……♪   」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

本音と、戸惑い……OOになろう 封されしものにあれは絶対禁止?! しろくろぽん. @choppirikawatterunen1212

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画