Ranaway~激突の森~

作者 @hideT

23

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 警察が護送する犯罪者、それをつけ狙う武装集団。
 そして不用意な一般客のせいで解き放たれる化け物。
 そういった二重三重の構造が、読み手の恐怖を掻き立てます。

 例えば――化け物に対抗するため、警察が犯罪者に武器を渡すシーン。
 化け物に襲われる恐怖と同時に、犯罪者に裏切られるかもといった怖さ。
 恐怖が恐怖を呼び、さらに大きな恐怖へと膨らんでいく。
 そういった怖さの相乗効果がこの作品にはあります。

 さらにはその恐怖を支える見事なアクション描写!
 これがカクヨムで読めるあなたは幸せですよ!

★★★ Excellent!!!

リアリティーと人間ドラマ。
そこに居る人々の人生とこれから。

空想の物語ではなく、もしそれらの人々を、
間近に感じ、体験したい時、
お勧めの物語です。

読む人は、登場人物たちの隣に立ち、
壮絶な戦いと人生を、体感します。

緻密に描かれる人間模様と、想像を超える展開に、
驚き、涙します。


始まりは、ほんの小さな出来事から。

ふと手にし、持ち帰ってしまった石像。
ひやりとする感覚、触れてはいけない世界。

軽率にも触れてしまったこと、それは
運命かも知れません。

忍び寄る予感が、静かに迫ります。

様々な事情、立場を抱える人物たちが、
次第にひとつの所へ、集う様子に、
胸が高鳴って来ます。

刑事達と囚人。

高まる緊張感と嵐の中、
混じり合うはずのない人々の出会い。
それも運命に導かれたのかも知れない。

道の駅「天童」

集う人々と、
伝説の怪物と、赤い目の目撃。

怖いと感じながらも、先へと惹きつけられます。

次第に遮断される通信網と、孤立する人々。
恐怖を駆り立てられます。

降りしきる雨の中、試されるのは
人間の力に思います。


危機迫る中、女性の存在も光っています。
優しさ、気転と勇気。

衝撃の中、生き残るには。


作戦と攻防、生死と向き合い、どう戦うか。
生きることを、強く感じさせてくれます。
極限の中に描き出される人々。
正義とは、ぶつかり合う感情と、
解けて行く心、
過去からの想い。

隠された正体と、陰謀。

全てが絡み合う、戦いに、
飲み込まれて行きます。

激しさの中に見える、幼い者からの愛情。
混乱の中だからこそ、見える人々の心があります。

真実と向き合う時、果たして、人々は、
この森から、生きて帰ることが出来るのか。

★★★ Excellent!!!

息もつかせぬ展開とバトル! 恐怖の存在に戦慄が走る!
元SATの警察官+スゴ腕の暗殺者+女子大生+観光客 VS 謎の武装集団 VS 伝説の怪物
三つ巴の闘いが始まった。勝つのは、そして生き残るのは誰だ?!
そして……。悪人は……誰? 勇気があるのは……誰?
読後、心に残ったのは誰の後ろ姿でしたか? 人それぞれ、きっと違う。
惹かれる生きざま、大切に心にしまってあるものが、皆違うから…。
誰かと語り合いたくなる一作、おススメです(^^)