聖女様は残業手当をご所望です ~王子はいらん、金をくれ~

作者 山崎 響

967

335人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 他のレビュワーの方々が皆さん書いているように、この作品は大変良質なコメディ作品です。
 基本的に深く考えず笑っていられる作品ですが、決して内容のない薄っぺらい作品ではありません。
 この作品のすごいところは、主人公である「聖女」の描き方です。
 近年の女性聖職者は「聖女」という(ある意味では勇者並みに)一般名詞化した職業/肩書であり、テンプレ化していると言っても過言ではないと思います。(余談ですがテンプレ化自体はいいことです。たった2文字で数百文字分の情報を想起させられるのですから)
 しかし主人公、ココは金に汚く育ちも悪く、腹黒い。そして暴力で全てを解決してしまうタイプの女の子です。
 そう、ただこれだけならば「テンプレではない」「型破りな」で済む話です。近年増えてきた「悪の勇者」みたいなものです。
 しかし、ココは間違えなく聖女です。作中でほとんどのフィクション作品よりも遥かに!聖女たるところを見せつけてくれます。
 それは単に力や能力があるだけではありません。ココはココらしく最高の聖女なのです。

 完結済みのこの作品、おそらく書籍化もされるでしょう。その前にぜひ一読して笑ってみてください。

★★★ Excellent!!!

まずは「ファミ通文庫大賞」特別賞受賞、おめでとうございます。

長期間にわたる毎日投稿を、途中からでしたがリアルで追うことが出来たのは幸いでした。
コロナ禍に翻弄される日々の中、どれだけ癒された事か。
ま、主人公は癒しとは程遠い、腹黒で暴れん坊な聖女ですけどね(≧▽≦)。

ココちゃんだけじゃありません。
タイトルで「いらん」と断じられている王子も、これまたイイ性格していらっしゃる。モブかと思いきや、登場するたびに存在感を増していくキャラも複数いるし(中でもウォーレス大好き!)、読み進むたびに「こう来たか!」と膝を打ったり爆笑したり。

全4部から成る長編なので、手を付けるのを躊躇っている方。
まずは、2部の終わりまで読んでみませんか?
あなたの好みの傾向と違っていたら、それは仕方ない。

でも、逸る気持ちを抑えられずに第3部をクリックした後には、失速や中弛みとは無縁の新たな展開が待ち受けています。

★★★ Excellent!!!

そんな聖女様に振り回されていつしか団結して(してるかなぁ?)世界を救う世俗教会と腹黒王子率いる王国。
まぁ女神様があれな世界ならねぇ…(誉めてます)

一話一話は小気味良く読め、所々脱線が多いものの、一つ一つが面白く、実は伏線(小ボケ)になってることも。

ちなみに戦闘シーンはほぼ完封か圧殺です。緊迫した鍔迫り合い?何それ美味しいの?って感じです。

そして最後にナッツにあんな展開が待っているなんて…

個人的なツボは悪魔神官とゴブさんでしょう。人気投票があれば上位間違いなし!性なるシスター様も意外と上位に行くか?

結論、久々に面白い作品に出逢いました。是非、続きの世界浸食篇も書いて貰いたいものです。

★★★ Excellent!!!

祝!完結!!

最初はタイトルに惹かれて読み始めたのですが、ヒロイン…と言うよりヒーローな主人公のココの逞しさに魅了されました。
全編通してココの清々しい程に一本芯のある所、そんなココに執着している王子セシルや周りを囲む人々も一癖も二癖もある辺りも読めば読むほど楽しくなりました。

最終章では魔王退治と言う、ある意味王道なお話でしたが、勿論ココに掛かれば一筋縄で行く筈もなく、最後まで目が離せない事請け合いです。

是非皆さんもこの爽快感溢れるお話に浸ってみませんか。

★★★ Excellent!!!

このご時世故にあまり笑うこともなく、ひたすらに怠惰な日々を送っていたのですが、この小説は本当に面白いです。
淡々とツッコミが入るのでつい、お腹を抱えて笑ってしまいます。
主人公の守銭奴ぶりも良い味ですし、確かに貧民街出身だったらこうなるだろうなぁと納得できるので、不快感が全くなく、やられたらやり返すその手段が本当に笑えます。正直、過去に読んだ小説の中で一、二を争う面白さです。是非書籍化して欲しい。
これからも更新頑張って下さい!

★★★ Excellent!!!

「貧乏な生活から一転して持て囃される」
このようなテーマの作品はカクヨムだけでなく他の小説投稿サイトでもよく見られる。

 この作品をオススメしたい理由は、主人公が非常に自由にしている点や、それをとにかく崩そうとしない点だ。
 いわゆる成り上がりだとか玉の輿的なものだが主人公はとにかくそれを嫌う。王子(イケメン)にも好かれてるがめっちゃ避ける。一般信者の前では全力で猫をかぶるが、知ってる人しかいないところでは素になるのだが、そのギャップが非常に面白い。
 しかも退職後のためにお金を貯めようとする描写が徹底しているところもまた好感を持てる。普通の主人公ならば不満を覚えそうだが、コミカルに描くことで主人公の魅力(?)の一つに仕立て上げている。