よくある展開の性別を変えてみた。

@parikane

第1話「温泉」

露天風呂で、想い人の裸体を思い浮かべた男は顔を赤くし、湯に口付近まで沈めた。


想い人の女の子が一緒に温泉に来る。しかも誘ってくれた事は嬉しかったが、まさか友達も誘ってたとは思わなかった。


男「はぁ...」


男友達「おいおい、俺まで誘われたのがそんなに嫌だったのか?まぁ、お前、女ちゃんにぞっこんだもな」


男「ばっか、ちげーよ!」


男友達「もしかしたら、覗きに来てたりして」


男「女ちゃんがそんな事するわけないだろ!」


男友達「でも女だぞ?するに決まってる。もし来たらお前そのまま告っちゃえよ」


男「はわわ...そんな事...」


男友達「じゃ俺が取ってもいいのか?」


男「だめ!」


男友達「なら早くする事だな、他の人に取られるぞ?あいつ地味だけど可愛いし」


男「う、うん。頑張ってみる」


男友達「おう!じゃ、今告っちゃえ」


男「え?」


男が振り返ると、露天風呂の入口付近にて、まるで突き落とされたように倒れている女がいた。


女の女友達が男湯を覗きしようとして、露天風呂の柵にバスチェアを並べて山を作り、それを登っていたのを止めようとして取っ組み合いになり転倒し、女だけ男湯に投げ飛ばされたのだ。


だが、男にとってそんな事は関係ない。あるのは、自分の裸体を見られたという事実のみ。肩まで浸かっていたので秘部まではみられてないだろうが、それでも恥ずかしいものは恥ずかしい。


男は顔を真っ赤にし、タオルで秘部を隠して女に近づく。


男友達「お?告白か?いけ!」


女「お、お願い待って。私は止めようとしただk」


男「問答無用だぁぁぁ!!!」



ドゴォーーン!!



女「きゃぁぁあ!」


女顔負けの綺麗なフォームで繰り出された男の拳が女の顔面をへこませながら、彼女が来たであろう女湯まで吹き飛ばした。


男友達「いや告白するんじゃねーのかよ」


男「だって恥ずかしかったし...」


男友達「はぁ...」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

よくある展開の性別を変えてみた。 @parikane

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る