ぬいぐるみ犬探偵 リーバーの冒険

作者 鈴木りん

54

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

朝読小説賞受賞という点と、ぬいぐるみが主人公という点に惹かれて読みました。
最初はほのぼのですが、次第に本格的なミステリーになっていたように感じました。ぬいぐるみだからこそできる活躍の仕方が新鮮でした。

また、彼らのご主人さまであるレオナちゃんとの関係にも魅力がありました。

★★★ Excellent!!!

児童向けだからこそ、ぬいぐるみだからこそ、挑む謎のレベルが上がる。

それは――「殺された」ぬいぐるみであったり、失せものであったり、開かずの間や暗号文といった謎。

そんな謎を、この愛しくも賢きぬいぐるみたちが挑み、時に主人である少女を守り、見守り、導く。

これぞ、冒険。
とある北国の、主人である少女の家の中、街の中の出来事ですが、まさに冒険です。

そんな冒険に――この愛すべきぬいぐるみたちと共に、挑んでみませんか?

★★★ Excellent!!!

 まずタイトルに惹かれて思わずタップ。

 そして期待を裏切ることのない愛くるしさ。

 しかし、あなどることなかれ。この物語は本格派サスペンス!

 可愛いぬいぐるにそんな、怨念があっただなんて……。

 さらに展開は御主人様である女のコのレオナちゃんを守るべく発展!

 本当にミステリー。

 家のぬいぐるみ達を、より一層可愛く思える物語。

 家にぬいぐるみがなくとも、物に名前を付けてしまう方にもオススメです(←私です)。

★★★ Excellent!!!

殺ぬいぐるみ事件。
何? え、何だって? どういうこと? と気になったそこの方、是非ともこのお話を読んでみてください!

ぬいぐるみたちを愛する可愛らしい女子中学生レオナちゃんが主人公……ではありません、この物語の主人公は彼女の持つぬいぐるみ!
ゴールデンレトリバーのぬいぐるみ、リーバーくんなのです。
仔犬のぬいぐるみのコーハイの視点から語られる、可愛くて賢い最強の探偵物語でございます。

さて事件が起きたのはある日のこと、ペンギンのぬいぐるみのギンがお風呂場で溺死した⁈
容疑者となるぬいぐるみはウサギのミミ、ヒツジのメメ、カメのカメ。果たしてこの中の誰がギンを殺したのか?

この殺人事件ならぬ殺ぬいぐるみ事件を解決できるのは、ぬいぐるみ探偵リーバーしかいない!
事件は起きても血腥さのない可愛らしい探偵物語、是非ともご一読を。