きっと世界はきみのもの 〜目が醒めたら、裸の女の子にボコボコにされて死にかけました〜

作者 ねこのゆうぐれ

98

36人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本作は神の気まぐれにより現実と異世界が統合された世界を舞台に、記憶を失った主人公が神の血を持つ少女と出会うところから始まります。
少女に師事し、徐々に自身にもある神の血の使い方と世界の在り方を学んだ主人公は、やがてパーティを組んで仲間となります。そして、互いに淡い想いを抱きながら前へと進んでいこうとした矢先、思いもよらぬ事態が二人に襲いかかるのでした。

少年が少女に命を救われて、絆を深めながら共に旅をする、比較的オーソドックスな展開のように見えて、第一章最後の突然の展開といい、冒頭の主人公の前身と思われるエピソードといい、それだけではない何かを秘めている未知数の作品です。

★★★ Excellent!!!

本作品は、表現力の統一性に優れた作品だと感じました!詩のような文章、感情表現に長けているので、心情描写にこだわる人たちはとても好まれる真面目な物語です!

キャラの個性も生かされていて、特に女の子達が可愛いので、とても読者に好まれやすいのではないでしょうか!

キャラ一人ひとり大事に描かれています。
地の文も少なめで統一性のある表現は、個人的にはとても好きです!是非、ご覧下さい?

★★★ Excellent!!!

タイトルに釣られる人は多いだろう。
だが、これは真面目なラブコメっぽいファンタジーなのだ。
決してエロくはない(これを言っちゃうと営業妨害?)はず!
しっかりとキャラのバックボーンである暗い話なども描かれており、ただの軽い話ではありません。キャラクター達も色付けされて生き生きと描かれていますので、話をしっかりと盛り立ててくれています。

★★★ Excellent!!!


実在する神の戯れで創られた世界に迷い込んだ主人公が、災厄に立ち向かう王道でありながらもダークなファンタジーです。

力の成り立ちから仕組みまで、しっかりと世界設定によって裏付けされている為に納得と感心を持ちながらスラスラと読んでいけます。

また的確文章描写も後押しして、話数は少ないながらも惹き込まれました。

あと、ヒロインが可愛いです。

未読の方は是非。