ニャル様のいうとおり

作者 時雨オオカミ

117

40人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

紅子さんは「赤いちゃんちゃんこ」という職業の幽霊。かわいいです。

ニャルラトホテプ。それは俺を無理矢理人とは違う世界に引っ張り込んだ元凶。現在、俺はあいつの眷属であり、オモチャであり、道具である。


怪異×ミステリな和風オカルトものです。

恐怖な展開、コミカルな会話劇、都市伝説、クトゥルフ神話、推理ミステリちっくな要素、と盛りだくさんです。

魂喰らいの化け物、夜刀神、無貌断ち、脳吸い鳥……などネーミングかっこいいです。


タイトルのセンス、言葉遊び、うまいです。


思わぬ結末になるストーリー。

まだ途中ですが、今後のストーリーが楽しみです!

Good!

‪邪神に呪われた青年と、人ならざる美少女が様々な怪異に挑む。

儚く美しく和風な怪異描写、「学校の怪談」の様な都市伝説を入口に、様々な神話や伝承を織り交ぜた豊かな世界観と、愛らしくも、どこか哀しげなキャラクター達の会話劇が楽しめる。推理物の要素もあり。タイトルロールのニャル様も魅力的。‬

★★★ Excellent!!!

とてもユニークです。
怪異モノのラノベが流行って随分経過した感がありますが、まだまだ切り口次第でこのジャンルはいくらでも面白く出来ると確信できる作品。

物語の概要は主人公の令一くんと、赤いちゃんちゃんこの怪異である「紅子さん」が協力して奇怪な事件を解決していくというもの。
ですが、内容はそんな一行で纏められるほど単純なものでは当然ない。
話はどれも面白いですが、結末は「え?」「ええ!」と予想も出来ない地点に着地するものばかり。
そのカタルシスは読んだ人のみが味わえる特権なので、ここでは触れません。
是非、読んでみてください。損はしないと思います。

それと「両片想い」など変わった言葉のセンス、物語の中の「色」に関する意味合い。魅力的なキャラクターなどなど、作者の一風変わった世界観も見所の一つ。

WEB小説というものは一期一会。出会いは偶然と云っても大袈裟ではありません。
その偶然、逃がしてしまうには余りにも勿体無い。
さて、偶然を必然に変えるかどうかはアナタ次第!

というわけで、私としましては超が付くほどのオススメ作品なのであります。