ぶち

作者 和泉眞弓

生命科学と日本語との融和の上に生まれるホラー

  • ★★★ Excellent!!!

前作の『バベルの上にも雪は降る』でも感じたのですが、生命科学的なモチーフの上に日本語で紡がれる情感がとても好きです。
それがホラーに向かって進んでいくのを「怖いよぉ…」とふるえながら、ついつい止まらずに読み進めてしまいました。
そして最後の行で、「集合体」ということの恐ろしさにあらためてふるえあがっているところです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

@hopperjpさんの他のおすすめレビュー 6