全人類の命を守る一騎当千の『守護者』は殺されました。守護者の卵は命をかけて彼らの代わりを代行し、事実を隠す世界を守っています

作者 卵君

227

86人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

設定って分かりやすく、そして面白くないといけないんですよね。
それがこの作品では、すごくわかりやすいんですよ。
最初の始まりから、分かりやすくそして物語に落とし込む。
ジョジョ風に言うと、その設定に痺れる、憧れるみたいな。
そして設定ってだけでなく、人物像が頭の中にすぐ浮かぶ。
他の人のレビューでも書かれていましたけれど...
よく商品を見る時には批判的にあたれとよく言いますけれど、批判的ってのはとても難しいですよね。
差別と区別みたいなな感じで、境目が難しい。
1歩間違えれば、ただの嫌なやつになりますし。
(保険掛けたしなんとかなるだろ)
ひとつ言うならば、もうちと伏線を貼った方がいいかと。
これは僕にも言えますが、何故そうなったのかに対しての伏線があまりないんですよね。
それを読んでいて感じました。
あんまり落ち込まないでください。
これは自分の偏見ですから。
あと最後に頑張ってください。
応援してます

★★★ Excellent!!!

うわ。良いなあ。これが第一印象です。

文章にリズムがあってテンポもいいんでしょうね。
会話少なめ、地の文多めですが、それが嫌じゃなく、とても読み進めやすい。


難しめな表現と、直感的に理解しやすい言葉を織り交ぜてあるので固くなりすぎず、上質な文章になっているのがいい。
そして、硬派だけど重すぎない登場キャラクターがまたその文章にマッチしています。


書き手として、お手本にしたくなる文章。勉強させてください。

★★ Very Good!!

徹底された王道&王道のファンタジー。

冒頭から人物描写と戦闘がたっぷりと描かれている。
いきなり、真っ向からの王道ストレートに顔をガツンとぶん殴られたような気持ちになった。
そこから続く骨太な展開にも非常に好感が持てる。一貫した飾らない姿勢が物語に一本の筋を通している。

まさしく、これぞ王道! と言うべきファンタジー小説、あなたも是非いかがだろうか?

★★★ Excellent!!!

面白かった点は主人公達から見たら敵となる相手との戦闘シーンの描写。そして、もう終わりかな?助けが来たかな?と思いきや、主人公達に更なる敵が現れるといった、どこまで進んだらこの戦闘は終わるんだ!とハラハラした点ですかね〜。

今後も読者をハラハラドキドキさせるような絶望を描いてくださることを期待しています!