名前で呼んで

作者 野々ちえ

幼き記憶に少年は何を想うことになるのだろう

  • ★★★ Excellent!!!


とあるカップルの会話のみを描いた作品なのですが、
最後の彼はこの記憶を青年になって思い出した時
ほのぼのとした優しい記憶として思い出すのか。
嫉妬に狂い反吐が出る記憶として思い出すのか。

ままー。。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@chauchauさんの他のおすすめレビュー 511