霧の峠道

作者 和之

24

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

※12話読後時点のレビューを。最新話を読み次第更新したい



この小説に早い段階でレビューできるのはツイている。
凄いと思ったものを他の人に伝えるのは私の快感だからだ。

この作品は東北大震災をテーマにした作品で、誰も自分を知らない場所で、失われた記憶を求めて闘いつづける男の人生を綴る。キャッチコピーに「震災」の文字を入れなかったのは、安易に作品をカテゴライズして作品の魅力を損ないたくなかったからだ。5年前に失われた記憶を求めながら生きる男「岡田」と、彼と出会った人達のことが綴られる。



主人公は山路啓介(やまじけいすけ)。
タクシードライバーの山路が、休暇消化のために越前大野に観光に向かい、宿泊先の旅館の板前「岡田」に出会う。岡田は一期一会を大切にする人物で、山路と観光に出かけ、越前大野を紹介する。
岡田に接するうちに山路は彼に興味を持つ。山路は岡田と彼に関係する人の話を通して、岡田が過去の記憶をなくしていることを知る。山路は岡田の記憶を取り戻す手助けをするため、陰ながら奔走する。



前編は、記憶喪失の男が、失われた記憶を取り戻すまでを描いている。

記憶が失われるという事態は日本で生活していて、めったに起きることじゃない。それが自然現象によるものならば尚更だ。岡田の境遇が、震災がもたらした残酷なまでの破壊力と影響を明瞭に物語っている。
さらに彼は記憶喪失の後、自分を知っている人間が1人もいない。
それでも彼の人徳もあって、彼は1人ではなくなった。旅館の女将や主人公の山路のように、彼のことを思う人がいる。


物語は岡田が記憶をなくした5年後の世界から始まっている。記憶を失ったまま、既に5年経っている。
明らかになっていく記憶がどんなものであれ、自分の過去を知る前と、知った後で、彼が見える世界が大きく揺さぶられることになるだろう。



作者は彼の数奇な人生を… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

五年前の三月十一日、誰もが知る東日本大震災である。それをテーマにしてます。

五年で見事に復興してゆく町並みに、未だにあの人の記憶は冷たい春の三陸沖を漂っていた。

シリアス文芸作品です。登場人物がリアリティあります。文章うまいです。

ミステリ要素もあり、意外な展開もあります。

コメディな会話もあります。

メッセージ性ある作品になりそうです!