番外編「桜」


桜の花びら

風に誘われ

たまらんたまらん

空へ


風に乗せられ

落ち行く先は

あなたのたもと

いっそもう


枝花蕾はなえだつぼみ

切り落とされて

痛みに震えて

空にらむ


花も蕾も

これからなのに

荷台に乗せられ

灰になる


桜の花びら

はるかに飛んで

温もり積もる

碧血碑へきけつひ




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

犬都々逸(いぬどどいつ) おぼろつきよ @riwa

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ