錬金術科の勉強で忙しいので邪魔しないでください

作者 さよ吉

3,006

1,100人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

エリー、なんか幸せハードル低くて心配になる。
目が離せない、放っとけない。構いたい、妹に欲しい!

不遇ヒロインだけど、構成が上手で読者を飽きさせない。
錬金術の理論や表現もしっかりしていて理解しやすい。

誤字脱字が減ると、もっと、読みやすくなる。

あと、醤油の古語は「せうゆ」です。もしこのレビュー読んだら調べてみてください。

Good!

面白いんですよ。すっごく。

でも、面白さ以上に悪意表現と、それに対するざまぁが強すぎて読むがつらい。で、それ以上に続きが気になるので読むのを止めるという選択肢を取れない。とりあえず、悪意を向けてきた全員が死に絶えるまでは読むのを止められない。

ちなみに僕と同じように悪意表現にウンザリするタイプの人は、188話くらいまでは飛ばし読みしたほうがいいかもしれません。

★★★ Excellent!!!

闇の色空の色同じとして。魔力も才能も努力も同じ色だったのでは? 生きるとともに色が増えるね、頬笑む頃に戻れるか? 陸は海でも空でも欲しいだろう、見えるだろう。
テンポはミデアムな印象で、作者の幅広い知識が特筆される。キャラクター達が踊り出しそうだ。驚異の躍動感。
僕もユメ見た世界。それ以上に完成度は高い。

★★★ Excellent!!!

同じ系統の作品には渋み苦味を抑えたとにかく甘いだけの作品もありますが、このお話ではそう言う部分をしっかりと描写した物語が展開されていて、読み進める中でそう言った苦味を感じる事がかなりあります。人の優しさに触れる部分もあれば人の醜い部分に晒される部分もあって味で言えば甘苦いと表現する感じかなあと感じました。

個人としてはもう少し苦味を抑える為にミルクを注いで、砂糖を咥えて甘さを加味して欲しいなと感じる場面もなかったては言えません。ただ敢えて、そう言う渋みや苦味を咥える事でしか出ない味もあると思います。

お話としては成長&成り上がり系なので序盤ほど苦労するだろうし、後ろを支えるものが弱く、挫折やら理不尽をバネに成長していくので余り主人公に感情移入をしすぎると厳しいかもしれません。

★★★ Excellent!!!

タイトルだけなら「やれやれ系」、「ドタバタ系」にも見えるし、設定だけならチート無双系にも見えるけれど、読み進めれば、そう単純な話でない事がわかります。
本当に「こっちは真剣なんだよ! もういいから、お願いだから、静かに勉強させてくれ……!」と、これはそういう意味のタイトルなのです。
「やーめーろーやーww」ではなく「やめてください(真顔)」なのですね。


ある転生者は「魔王と戦うRPGの世界だ」といい、別の転生者は「逆ハーレムを作れる乙女ゲームの世界だ」という、剣と魔法とスキルの世界。
田舎町のパン屋の娘として生まれた少女が才能を見出だされ、王都の学校へ通うことになります。

人の酷薄さや身勝手さ、嫉妬や裏切り。
いつの間にか巻き込まれている世界の謎。
疲れ、荒み、歪みそうにもなる主人公。
それでも、保護者、友人、可愛い魔物達のお陰もあってか、ギリギリの所で立ち止まり、立ち続けるのです。

入り口は広く、深くまで浸れる。
Web小説の文脈で綴られた良作ライトファンタジーです。

★★★ Excellent!!!

とにかく読みやすいです。ネット小説やラノベだと、よくあるへんな描写や齟齬がありません。
あと描写の粒度が丁度よいです。やたら細かかったり、お決まりの展開でクドクド描写されることがありません。非常にサラッとしています。描写すべきところをうまく取捨選択なさっている気がします。
主人公のキャラクターと、描写が良いです。才能豊かで将来性があるが、経験に乏しいことを感じられます。大人びていますが子供でもある、そんな印象も感じられます。
私が1番気に入っているのは、主人公と他者の会話の自然さです。なんというか。。。非常にうまいですね。。笑
語彙力がないので下手くそな感想で大変申し訳ない笑