銀行強盗犯(現在逃亡中)

日向ぼっこ

何を想いますか?


「はぁ、はぁ、はぁ……」


漆黒の闇の中を走っている。

周りではサイレンの音が鳴り響き、至る所から人の叫び声が聞こえる。

そしてそれらの音が徐々に近づいてきているのを感じている。


「いたぞ!!!」


俺を発見した男はそう叫びながら追いかけてくる。

逃走を続ける俺は古びた一軒家を見つけ、衝動的にその家に侵入した。


侵入した家のリビングと思わしき部屋のドアを開けると3人の女性が視界に入ったのだが……

目の前の光景のあまりの異様さに俺は身動きができなくなってしまった。


今まさに三つ巴の戦いが始まらんとしていたのである。

それぞれの手には「包丁」「鎌」「のこぎり」が……


「…… あなたもコミュニティ参加者で_____ 」


俺に問いかける女性の声が途切れるとほぼ同時に俺の視界が奪われた。

急展開に理解が追い付かず困惑していると違う女性の声が聞こえてきた。


「……我らに言葉はもういらない」


その言葉を聞いた以降の出来事を俺はもう語らない。



後日、この家に足を踏み入れた者は……

あまりの凄惨な状況に絶句したと言われている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

銀行強盗犯(現在逃亡中) 日向ぼっこ @AquaField

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ