底辺夢魔は今日も勇者候補と飯を食う

作者 虹音 ゆいが

37

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

不憫な夢魔と不憫な勇者の物語です。
では僭越ながらこの作品の推しポイントを簡単に説明いたします。

①読みやすい
変に間延びせず、しかし速すぎず、ちょうどいいテンポでストーリーが進んでいくので読むのが苦になりません。
登場人物・設定も多過ぎないので混乱せずに読むことが出来ました。
また山あり谷あり落ちありで読みごたえ満点です。

②面白い
ストーリー構成はもちろん、
ヒロイン目線で進んでいくのですがその文体(語り方)がまたたまりません。
また二人の関係性・距離感や、その移り変わりも面白かったです。

③キャラもいい
ヒロイン、主人公ともに個人的に読んでいて好感の持てる人物であり、個人的には特にヒロインが好きでした。
特にラストの方の____おっと。
とにかくヒロインちゃんは個人的に推せます。寧ろみんなで推しませんか?


と、いうことでとにかく良作でした!!
ありがとうございました!

★★★ Excellent!!!


底辺魔物少女と勇者候補の青年がエンカウントします。
少女は死を覚悟したけれど、何故か彼とおにぎりを共に食べる関係に!?

彼は彼女を殺さない代わりに条件を出したのだけど、その条件とは?

魔物少女ちゃんがツンツンしてる割に女の子らしくて、とても好印象です。使い魔達も可愛いし、読んでいて楽しい物語。
それでいてしっかりした構成で、更新度にすぐに読んでます^_^