最後の我慢

作者 須藤二村

48

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

原住民と巨大な鍋。
その中に入れられた人と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?
それが新婚ほやほやのカップルだとしたら……。
最後の生々しい二人のやりとりはまるでぐつぐつと煮えるその鍋のよう……。

——とすんなりと行かないのかこの作品。
最後の我慢。その意味を知った時、きっとあなたの想像を超える展開が待っているでしょう。