異聞録:東京異譚

作者 章筑学徒

67

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

―東京異聞録―『破 補足 ―其の思い、移りにけるや―』まで拝読しました!

台本風、つまり「」の前にセリフを言ったキャラの名前が書いてある、というスタイルで進むストーリー。
この手の形式に慣れていない私ですが、全体から伝わる雰囲気にグイグイ引っ張られ、気付けばどんどん先を読んでいました。

東京を舞台に、異能者たちが活躍するストーリー。
全体を通して仏教や西洋の宗教の知識がちりばめられ、武器の名前や詠唱などにもそれらが取り入れられていて、漂う世界観にとてもワクワクします。
『起承転結』編までは多群雄一くんがメインで活躍する話。
仏像と日本史が好きな私にとっては聖地である目黒不動尊が主戦場で、明和の大火(目黒行人坂大火)をモチーフとした展開です。
史実とファンタジックな要素が上手く絡んでいるところが好きなポイントでした!

続いて始まる『色即是空』編。
私が一番好きな章です。
愛すべきダメダメ『をぢさん』中之氏が、もう最高でした!!
こどおじなんだろうな……(笑)。
この中之氏が頻繁に出てくるのでストーリーが重たくなりすぎず、すいすいと先を読んでいきましたが、ラストでびっくり。
敵を倒したと思ったらまさかの黒幕が!!!!!!
ミステリー的な要素もあって、大変すばらしい展開でした。

台本形式なところもあってか文章がやや粗削りに感じたのですが、この作品には些細なことを吹き飛ばす勢いがあります。
「細かいことは抜き! 自分はこれが書きたいんだぁぁぁぁぁーーー!!」という熱い想いが行間からひしひしと伝わり、胸が打たれます。
タイトルにも書いた通り、この作品を拝読して「創作とは自分の好きなように、楽しんでするのが正解なんだ」と心から思いました。
書き手として大切な何かを思い出させていただきありがとうございます。


最後になりますが、後半に行くにつれて、字の文(ト書き?)がどんどん… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

オカルトとか、かっこいい技名……厨二心に刺さりまくります!!

タイトルやあらすじを読んだ時、「難しい内容かな……?」と心配したのですが、スっと内容が頭に入ります!

この作品を読んで、厨二心が蘇りつつあるので、明日早速ラケット買ってきますね(◜௰◝)

これからも応援しています!!( *˙ω˙*)و グッ!

★★★ Excellent!!!

ツイッター上での企画で冒頭部分を拝見いたしました。

ハードボイルドの雰囲気あふれる、昨今の流行りに迎合しない開幕が好印象です。
冒頭の用語解説から、仏教要素をどう取り入れていくのだろうと期待させられます。

文章力のあるかたゆえにセリフの役名表記は冗長に感じました。よく書き分けしてあって無用ですが、ライトな読者層向けなのかなと。

★★ Very Good!!

最初は「黒い男」と「青い男」によるバディもので、二人の掛け合いやバトルの描写には思わず心が弾みます。また、妖怪や呪文も聞いたことないようなジャンルで興味が湧きました。「青い男」が成長していて頼れる男になったとしみじみ感じました。

台本形式で特殊な書き方ですが、そこもまたミソ。これからも応援してます…!