そのころの彼女、あのときの俺

作者 みはる

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全34話

更新

  1. まえがき
  2. *****
  3. Prologue
  4. あの夢
  5. 第一章 発端
  6. 1 味気ないデート
  7. 2 隣室の友
  8. 3 雑用係健在
  9. 4 オーナーの娘
  10. 5 その節はどうも
  11. 6 侵入の目的
  12. 7 横浜への電話
  13. 第二章 失踪
  14. 1 手負いの刑事たち
  15. 2 証拠品をめぐる攻防
  16. 3 隣人からの警告
  17. 4 怪物の襲撃
  18. 5 俺の餃子に手を出すな
  19. 第三章 敵意
  20. 1 ライターの孤独
  21. 2 信頼か、忖度か
  22. 3 パスワードなんか知らない
  23. 4 三十三.三三...パーセントの可能性
  24. 5 捜一の刑事(デカ)長
  25. 6 牽制球飛んできた
  26. 7 正義に向かって走れ
  27. 第四章 疑惑
  28. 1 逃げるは恥だが役に立つ…のか?
  29. 2 イラつく電話、めんどくさい電話
  30. 3 自己満上等
  31. 4 穏やかな証言者
  32. 5 傷だらけの愛車
  33. 6 少年たち
  34. 7 定食、瓶ビール、どて焼き
  35. 8 どっちが悪趣味だ
  36. 第五章 接点
  37. 1 揺れる水面(みなも)
  38. 2 不穏な気配
  39. 3 謎の女
  40. 4 父の呪縛