ブロック機能 ――ある素人作家の恐怖体験――

作者 烏川 ハル

41

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

最初は慎重に扱う。
本当に大丈夫か。もしかしたら違う見方もあるかもしれないと。
その中でどうしてもだめな場合は排除するしかない。

でも一度使って慣れてしまうとそのハードルは低くなっていく。

なんか気にくわないな~
「えい。排除」
批判したやつも、あいつも、こいつも。


ブロックのお話ですが、人間心理を上手く表現されています。

えっ、このレビューがつまらないって!?
じゃあ、あなたも排除と・・・

★★★ Excellent!!!

人間同士の繋がりというものは尊いが、バランスを崩すと実に厄介である。
人との繋がりに固執する者は、他人の目線ばかりが気になって判断力を失う。
かといって、人との繋がりを完全に失った者は、孤独に呑まれて活力を失う。

考え方の違う他人と、孤立を恐れる自分と、どう折り合いをつけていくのか。
他人の言葉を鵜呑みにするのも、全部拒絶するのも、どっちも極端すぎる。
この作品自体はフィクションであるが、人間の複雑さという点においては、一定の真実が含まれているように感じる。

まあ、ほどほどに行こうよ。