幻の国〜滅びの巫女と始まりの神子〜

作者 中村天音

64

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

作品を応援いただいたご縁で、この物語に出会いました。更新分まで読み終えましたので、レビューさせていただきます。

倭の国という古代日本を舞台としたファンタジー作品。ナルとククリという二人の姉妹が、この物語の中核を担います。
そして、まるで大河ドラマを見ているかのような展開の数々。登場人物も一癖も二癖もあり、嫌な人だと思ってたら実は……のように、良い意味で裏切られることもあります。
登場人物の色んな面が見れるからこそ、キャラクターが生きていると感じます。

不思議な力と権力と人間模様が渦巻く和風ファンタジー。
他の皆さまも是非読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

古代日本を舞台とした大河ファンタジー。幻想的な描写もさることながら、古代の空気を間近に感じさせるような情景描写や時代背景を併せ持っています。主人公の少女、ナルを中心に据えていますが、彼女を取り巻く人物たちの人間関係も見所のひとつです。幾重にも折り重なった人々、そして国々の関係性は、まさに大河小説と呼ぶに相応しい。
少女は如何にして伝説の巫女となったのか。ナルの成長、そして倭の国々の行く末にスクロールする手が止まらない作品です。

★★★ Excellent!!!

読めば読むほど惹き込まれていきます。

舞台が倭国であること、主人公が巫女見習いということから彼女が卑弥呼になるまでを描いた物語なのかなと思っているのですが、まだまだ先が読めません。

この物語に出てくる巫女達は不思議な力を使うのですが、主人公にはその才能はなく、巫女の里では優秀な姉のおまけという立ち位置です。
これ以上はネタバレとなってしまうので控えますが、そんな彼女がどのようにして卑弥呼という大巫女になっていくのか、緻密な情景描写で描かれる、彼女を取り巻く環境の変化と合わせて非常に続きが楽しみです。

各話の文字数が結構多めなので、じっくりと腰を据えて読まれることをおすすめします。