”LINEノベル”の発表から紐解く、「小説」に期待されている事。

作者 橘 ミコト

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第18話 小説が読者に求めるハードル『…へのコメント

    小説には教養が必要。常々思うところでした。

    そのハードルは、漫画やアニメよりも高い場合が多いので、相対的に考えて小説は厳しいだろうなとは思っていました。

    小説を読まない、あるいは小説をなるべく気軽に読みたいと思う方々を振り向かせるものとして、‟頭を使いたくない読者”をメインターゲットとした小説、読みやすい小説は、現代のニーズに合っていると思います。

    ただ、そういう小説だからといって、難しい表現や長い文が全然ないというわけではないと思っています。

    いわゆる読みたい小説にも、程度の差があると思うので、読みたい小説を読んでいるうちに、教養が少しずつ身について、“頭を使う読者”をメインターゲットとした小説、便宜上あえて言いますが、読みにくい小説という物も、読めるようになっていくのでは? と思っています。
    楽観的かもしれませんがね。

    すると、前よりかはハードルが低くなって、いろんな小説を読めていくんじゃないかなとは思いました。

    なので、読みやすい小説と読みにくい小説は点と点で結べ、LINEノベルの回でもあったように、ユーザーにとっての読書を習慣化したいという導入を担う小説が、読みやすい小説であり、読みにくい小説と言われている物も読めるようになる。そういった未来を描いていると、読んでいて思いました。

    小説を読む幅が広がれば、読者が増え、様々な作品を読んでもらえる土壌を築いていこうとしてるんだと感じています。

    他にも、読みにくい小説と感じる理由はあると思うので、一概には言えないですが、
    少し頑張れば読めるものが読みやすい小説で、何作も読んでいくうちに教養が身につき、読みにくい小説だった物が、気づけばハードルが下がっていくと(正確には、高いハードルも飛び越えられるようになっていた、ですかね)、
    1つのラインが出来上がって、小説の市場規模を拡大させることができるのではないか、と考察しました。

    なので、読みやすい小説も、読みにくい小説も、コンテンツを発展させるにはどちらも欠かせない物のように思いましたね。

    作者からの返信

    國灯闇一様

    コメントありがとうございます。

    仰るようになれば良いのですが、そうも上手くはいかないのではないかと私は考えています。
    読む内に慣れてくる事は勿論あると思いますが、だからといって一段上の少々小難しい話を読者が受け入れ求めるか。それはまた別問題だと感じるからです。
    頭を使う作品に需要はないという話ではなく住み分け、つまり、読めるけど好みじゃない、と。

    そういった意味では、頭を使う作品は現在ニッチになっているのではないかなあと思います。

    2019年5月24日 23:37

  • 第5話 令和小説大賞から見る可能性へのコメント

    いつもながら、橘様の分析は、読みごたえがあって面白いです(*´▽`*)
    自分の考えが及ばない視点をいつもご提示いただけるのが、すごく新鮮です!(≧▽≦)

    作者からの返信

    綾束 乙様

    コメントありがとうございます。

    そう言っていただけると嬉しいです。
    皆様に何かご提供できるよう、これからも考え続けていきたいですね。

    2019年5月20日 14:51

  • 第20話 「学術書」と「教養」に関する…へのコメント

    応答いただき、ありがとうございます。
    ③(④?)は、まさにその通りだと思います。
    その試みをいかにやっていくか、簡単ではないですが考えていかなければならないところですね。

    作者からの返信

    幻ヶ峰様

    コメントありがとうございます。
    ナンバリング下手すぎてすみません……。直しておきます。

    本論が何かのキッカケになれれば幸いです。

    2019年5月20日 14:48

  • 第14話 中国のネット小説へのコメント

    橘さま

    お疲れさまです。
    毎回毎回、とても興味深く拝読しております。

    たとえば、かつて中国の大手IT企業が、憂き目を見ているけれど優れたノウハウを持っている日本の技術者を、大量にヘッド・ハントしたような事例が、才能があるのに日の当たらない日本の作家に対して行われる、ということはありうるのでしょうか?

    技術と違い、言語なので、難しいとは思いますが……

    よしんばそうなったら、出版業界は……

    作者からの返信

    朽木桜斎様

    コメントありがとうございます。
    毎度、執筆の励みとさせて頂いております。

    さて。お考えに対する私個人の意見としては、現状それはないと思います。

    中国サイドとしては、まずは国内のIP獲得に向けて動いた方が経費も掛かりませんし、何より広告も少なくてすみます。
    海外の人に目を付ける前に、国内の人へ声をかけられるでしょう。

    例に挙げられた日本の技術者が大量流出した件は、誰から見ても分かる優秀な能力を持っていたのに悪環境に置かれていた状況があってこそです。
    それに対して作家は、能力の明確な判断基準が売り上げの数字以外にありません。才能は感性ですから。
    そのため、国内で日の目を浴びていない作家を海外が大量に獲得する動きを見せるかと考えると、その可能性は随分と低くなるでしょう。

    中には海外でウケる作家もいますが、それはごく少数、それこそ限られた才能だと思われます。
    そして、そういった才能を見逃さないための新人賞やコンテストです。
    海外の人が見つけるにはコストと労力がかかり、採算が合わないのではないでしょうか。

    2019年5月14日 23:19

  • 第5話 令和小説大賞から見る可能性へのコメント

    慧眼すぎ!

    作者からの返信

    北乃ガラナ様

    ありがとうございます!
    まあ、こうなったら面白そうだなあ、程度の話ではありますが。笑

    2019年5月14日 22:42

  • 第8話 作者が期待する事へのコメント

    私は難しいことはよく分かりません。が、そういう仕組みなのですね。
    LINEノベルに登録し、作品を投稿しているので気になって読みに来ました。
    正直、コンテストなどで、プロの編集者からの評価をもらいたいために作品を公開しているような状態ですから。

    作者からの返信

    あかつきらいる様

    コメントありがとうございます。
    プロの編集者からの評価を貰いたいのであれば、WEB小説よりも公募の方が良いですよ。
    WEB小説コンテストは受賞しなければ選評を貰えませんが、公募は応募作全てに選評を返しているところもあります。

    こういった扱いの差から、「WEB小説」は下に見られているのではないかと思う訳です。

    2019年5月13日 11:21

  • 第1話 LINEノベルの発表を受けてへのコメント

    僕も気になっていたテーマでした…。

    また続き、読ませて頂きます。

    作者からの返信

    水谷一志様

    コメントありがとうございます。
    何か考える切っ掛けになれれば幸いです。

    2019年5月13日 11:17

  • 第8話 作者が期待する事へのコメント

    橘 ミコト様

    はじめまして、朽木と申します。
    拝読していて、うなずく首が止まりませんでした。

    出版業界に限らず、「雇用される側が、雇用する側を選ぶ」時代は、とうに来ていると、声高に叫ばれています。
    農家が農協を選び、患者が医者を選ぶなど。
    出版業界もいい加減、古い慣習を忘れ、思考回路をアップデートしてほしいものです。

    「実際にどうすればいいのか?」
    それがわからないのなら、ウェブ投稿サイトを通して、アマチュア作家に教えを請うくらいの気概を見せてほしいものです。
    現場の人間のほうが、現場を知り尽くしているのは、明々白々です。

    犬の餌にもならないプライドなど捨て去り、必死さを見せてほしい。
    出版業界が滅びるよりは、はるかにマシなはずです。

    とても刺激的な考察です。
    今後とも楽しみに拝読させていただきます。

    作者からの返信

    朽木桜斎様

    コメントありがとうございます。
    レビューまで頂いてしまって、恐縮です。

    共感して頂けてとても嬉しいです。
    最近の「作家を優遇しなきゃ」みたいな考えからの、「コンテスト!」、「書籍化!」は的外れもいいところでして……。
    いい加減「WEB小説」というコンテンツに求められている事を正しく認識して欲しいです。

    けれども、そういった批判で終わらせては我々も企業と同じになってしまうと思っています。

    例え小さな声であろうとも、力の限り叫ばなければと。
    この声が少しでも皆様に届いて欲しいと切に願っています。

    2019年5月11日 18:32

  • 第3話 LINEノベルの試みへのコメント

    どこに書けばいいのか分からず取り敢えずこちらに。
    LINEノベルそのものは素晴らしい取り組みだと思います。
    pixivコミックのようにプロ作家は限定公開、一般投稿は見放題でそこからプロ転身もあり得る、という流れにもなるし。

    ただカクヨムもそうだしLINEノベルもそうなんですが……
    なんで『ゴールは紙出版』なんでしょうね? もう、『紙の出版』は諦めた方がいいと思うんですよね。
    物を持たない時代になってきたんだから。
    自転車ですらレンタルが主流になってきているというのに……

    それに『メディア展開前提でストーリー考えて来い』っていうのが、なんか少し違う気がするのです。
    『小説は小説として面白い部分を追求しよう』という事をせず、楽して手広く儲けたい、という下心が透けて見えるというか(いや、もはや隠してすらいないか)

    あまりに、こう……『即戦力求む』みたいな気がして。
    そもそも各漫画雑誌の公募とかって、受賞者の作品をそのまま本誌掲載せず、原石を見つけて編集がついて出版に値する力をつけさせて、そして満を辞して出版、って流れなのに、何故小説だけは違うのか。
    ああ、誰かここら辺のネタを書いていて下さってた気がするけど……
    二人三脚感が、小説だけはない気がするのは気のせいでしょうか?

    ワンピースやドラゴンボールの作者を見つけたいって思ってるんだろうなって。
    そんなの数十年に一度しか出てこないのに。何故たった一人の人間の力に頼ろうとするのかな??

    結局、LINEノベルも、カクヨムや他のweb小説と同じになりそうな予感。むしろ、ユーザーが多い分、雑多で質の低いものが連打されそうな予感がするのは杞憂というものでしょうかね……?

    長くなった!!
    続き楽しみにしております!!

    作者からの返信

    牧野様

    コメントありがとうございます。

    まあ、仰る通りかと。笑
    実際にどうしたのか、も勿論重要です。
    ただ、どうしたいか、どうしていくのが良いかを考えるのも同じくらい大事だと思います。

    それは運営だけでなく、我々も考えていくべき事だと。
    そんな声が少しでも届けば良いなと思っています。

    2019年5月10日 23:24