文学少年(変態さん)は世界最恐!? 〜明らかにハズレの【書誌学】、【異食】、にーとと意味不明な【魔術文化学概論】を押し付けられて異世界召喚された筈なのに気づいたら厄災扱いされていました〜

作者 逢魔時 夕

32

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 究極の一点突破、爆走系の主人公が、全力で異世界を楽しむ。

 そんなイメージで読み進められる、なんとも言えない楽しい良作。

 最弱の主人公が努力(?)で成長し、世界を駆け回る姿は今の王道ストーリーでもあるのですが、この主人公はさらに一癖があります。
 本が好き、文学が好き。ただその一点で、突き進んでいる姿は美しくもあります。それでいて、空気が読めない鈍感系の主人公ではなく、さらにその上の気を使いすぎて暴走する系主人公でしょうか。

 いずれにしても、文章のテンポが良くストレスなく読めるでしょう。
 たまに、複雑怪奇な理論が展開されますが、その辺は気合いで読みましょう。決して、斜め読みしてはいけません。ごめんなさい、けっこうしています……。

 一読の価値はあります。