小説を書くことをとにかくポジティブに応援されたい人に贈るエッセイ

作者 長埜

129

45人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

読んでて元気が出る!
PVだのブクマだの、気にしないで置こうと思ったって気にしてしまう。でもこのエッセイ読むとまた初心の力を思い出す。

書くものの後ろで大きな旗を振り続けてくれる、そんなイメージを持ちました。

悩んでる書き屋さん、ちょっと読んでって元気もらってこ?

★★★ Excellent!!!

創作文章を書いているときって、「何のために?誰のために書いているんだろう?」「これを書いていて意味あるの?」とネガティブな想いに囚われがちになりますが、
それを一蹴してくれる超前向きなエッセイです!
読者数が少ないなど、悩んでいる人は一読の価値があります!

★★★ Excellent!!!

 とにかく書くのが楽しくて仕方がない。

 誰も認めてくれない? とんでもない。誰よりも作品を理解している自分が、認めてるじゃないか!

――そんな気持ちを思い出させてくれる一作です。

 あと、文章センスが素晴らしくてところどころ笑ってしまいます。

 ちょっと疲れたときに、肩の力を抜きながらゆっくりと、何度でも読み返したくなるのです。

 そのときにはぜひ、抹茶をお供に。

★★★ Excellent!!!

マイナージャンル?
今は閲覧数が少ない?
そんなことは読み専には関係ないことです。あなたの珠玉の作品を求める読者はどこかにいます。読み専は読み専同士繋がっています。「これ、◯◯さんが好きそうな話だな」と思ったら紹介し合います。
マイナージャンルを狂おしいほど愛する読み専は存在します。堂々と書けばいいのです。

★★★ Excellent!!!

PV伸びない、読者付かない、評価付かない、など諸事情によりへこたれていた時に、こちらのエッセイに出会えたのは運命か? はたまた必然か?
いろいろ気付かされ背中を目一杯押して貰いました。
開き直って投稿再開できたのも、このエッセイと作者様のお陰です。

こんなに人を励ましていて、ご自身は疲れないのだろうかと、思わず心配してしまう程に素晴らしい。

★★★ Excellent!!!

好きなことというのは、つらいことも苦しいこともそうとは感じさせないものですが、『読者』を必要とする小説というものは、どうしても数字や反応が気になってしまうもの。

感想がもらえない。評価がもらえない。そもそもPVが増えない。

ただただ『楽しいから』書いていたはずなのに、いつしかそれがすっぽり抜け落ちて『反応』ばかりを求めるようになってしまう。

これは、そうして行き詰まってしまったとき。へこんだとき。疲れたとき。何度でも読み返したくなるような、勇気とか元気とか、なんか見えないエネルギーをいっぱいもらえるエッセイです。

書くことにちょっと疲れちゃったあなた。ぜひ読んでみて――!

★★★ Excellent!!!

この作品に背中を押されましたので、私からもエールです。

過疎ジャンルゆえに伸び悩んでいる方はたくさん居ます。エンタメである以上売れ線が好まれるのは当然のことですし、商業が絡む業界なら尚更です。

しかし伸びないからといって、自分を裏切ってまで売れる型に合わせる必要はありません。プロを目指すのなら流行を取り入れる力も必要でしょうが、それで嫌になってしまったら元も子もない。継続は力なり。辞めてしまえばそこで可能性は終わってしまうのです。

書き続けることが、あなたの一番の力になります。数字の誘惑やあらぬ欲望に惑わされることはあるかもしれませんが、根底にある「好きだから書いている」という意思を見失わないでください。

時代性に合わなくても、楽しめれば人生は充実します。WEBという、世界中の人に見てもらえる場所があるのですから、あなたの作品を好きになってくれる人は必ずいます。遅咲きでも咲かなくても、あなたの「好き」を大切にして下さい。

あなた達の中から偶然生まれたヒット作が、次の時代を作ります。流行なんてそんなものです。
好きこそものの上手なれ。楽しくポジティブな創作ライフを!

★★★ Excellent!!!

設定的に絶対ウケないよな…
そもそも異世界とか、人気の要素が入ってないもんな…
などなど考えて、PVや☆が伸びないどころか毎日0だぜ!
というそこの貴方。

マイナージャンルを書くということの意味を、ギャグを添え…いや、ギャグを押し出して教えてくれます。

さー、エタらないためにも、今日も更新作業頑張るぞー!

★★★ Excellent!!!

まずもうタグから既に励まされますね(笑)

楽しく書くのが一番! 常日頃から思っていますが、やはり同じ考えを持った方のエッセイは読んでいて心が晴れます。書けることが一番の幸せだと、改めて再確認させて頂きました。とにもかくにも好きなものを書きたい。有名な著者の意外な一面も知れて、ますます創作意欲を高めてくれる、そんな素敵な応援エッセイです。

執筆に行き詰まったり、評価に落ち込んでいる方にとてもお勧めです。何よりもまず書くこと自体が素晴らしいと、力強く背を押して下さいます。

★★★ Excellent!!!

書くことが怖くなるとき、こんなんおもしろいんだろうかと迷うとき、そもそも世界に必要ないんじゃないかこんなジャンルと悲しくなるとき、そんなとき向けの「読むお薬」のようなエッセイです

タイトルの通りすごくポジティブ。でもそれが押しつけがましくなくて、家族や友達に「これおいしいから食べて元気出せ!」と言われたような気分になります。

書き手さん向けの「読むお薬」をぜひ