死亡フラグしか立てない人達

作者 泥んことかげ

132

51人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

書く話は1行から2行ほど、というよりも、シンプルなアイデア。その短さに詰められている不意打ちがくすっと来てしまう。
時折、数話またぎで不意打ちを仕掛けて見たり、なんでそんな事を豪語してしまったんだという奇人の断末魔みたいな言葉が挟まるのが面白い。
今後も時折見ると思います。

★★★ Excellent!!!

1話完結の死亡フラグを集めたこの作品、あるあるだ!って死亡フラグからこれも死亡フラグなんだと言う新たな発見もありました。

この作品が完結する時には何気ない日常会話も死亡フラグになってしまいそうです。

死亡フラグを集める、有りそうで無かったこの作品を読んでいると何か物語が書けそうな気がしてきました。

良い意味で力を入れて読まなくても良いこの作品。少し空いた時間に読んでみると良い刺激になります。
ちょっと覗いてみればハマると思いますよ。

★★★ Excellent!!!


 死亡フラグというタイトルのとおり、短文の中の様々なシチュエーションが、その後の展開を想像させるという楽しい作りになっています。

 『確かにww』と思うものから意外性のあるものまで、様々なフラグを堪能できます。洋画好きな人などは多分吹き出すのではないでしょうか。

 これも広大な『泥んこワールド』の一部──まず、こちらから堪能するのも作者さんの世界にハマる道でもあります。是非是非。

★★★ Excellent!!!

「あるある…」「待てーッ!やめとけーッッッッ!」「やっちまいましたな」「あっ(察し)」など、読めば読むほどそれに合わせて逐一ツッコミの声が出てしまう!
個人的には85話の「砂糖三つ」の台詞が…「あっ」感が凄くて好きです…。
超秀逸な死亡フラグ集です。ここまでくるともう辞書ですね…!
すぐ読めてクスッと笑え時に吹き出してしまう死亡フラグネタの数々、いかがですか?