たわいもない世界

作者 宇近太助

70

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本作は短編集で、気になったお題から読んでも楽しい作品です。
一つ一つの作品の中に、作者様のコミカルなセンスが光っています。
例えば、言葉のチョイス。
それから、会話のやり取りのテンポだったり。
読んでいると、すぐに頭に情景が思い浮かぶのも、楽しい点です。
お気楽にコミカルな作品を楽しみたい人には、是非ともおススメでございます。
是非、一度ご覧下さいませ。

★★★ Excellent!!!

概要欄に「少し変な現代ドラマ」とありますが、少しじゃないので気を付けたほうがいいです。

コメディですので、深く考えず、笑うのがいいかと思います。

1話の短編と2話の短編では趣が違うので、色んな于近さんワールドを感じられることでしょう。
2~6話は、宇近さんの怪作「あれ、ない」の待望の続編ですね。本編を読んでいなくても読めます。
読んだ人は漏れなく「なにこれw」と思うことでしょう。

たわいもない世界という小説タイトルになってますが、たわいがありすぎですw