人形たちの輪舞曲

作者 須能 雪羽

ルナを助ける! 想いを貫いて――彷徨いがてら不思議

  • ★★★ Excellent!!!

途中までの感想です。

色々なファンタジー、例えば、『不思議の国のアリス』や『ヘンゼルとグレーテル』などの要素を上手く練り込んだ作品です。

同じファンタジーでもカッコよくなぎ倒していく勇者が登場しない物語です。

大切なことって何かを考えさせられました。

これは、子どもの心の中でしょうか?

ある日、ヒナ(雛子。日本の大学生)とポー(ルナの妹)は、ルナ(ヒナと同じ大学の留学生)を探しに出たところで、迂闊にもついて行ってしまったドールのウサギの罠にかかる。

そこは、異世界だった。

ドールがいる。

床がふかふかする城があり、その中には、無限回廊もみられる。

私は、タンスが、少し不思議な科学的にも詩的にも面白いと思った。

女王も鎮座すいる。

女王は、貰ったお菓子を食べなかったヒナをドールにしなかった。

さて、これからどうなるのでしょう。

サブタイトルが七文字にきっちり揃えてあり、旋律のよさを感じる。

読みやすく工夫されておりますので、Chapterごとにまとめ読みも楽しいかと思います。

文体は、やわらかに書かれており、作者様の新境地だと思いました。

続きは、読んでのお楽しみです。

是非、ご一読ください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

いすみ 静江さんの他のおすすめレビュー 261