カクヨムが「なろう」に勝てない5つの理由

作者 木沢 俊二

98

36人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

作者様がカクヨムに感謝しているがゆえの改善提案だと思いました。私も同じく、半年前にカクヨム(=私にとっての初投稿サイト)に出会い、小説を書くことに新たな喜びが生まれました。だからこそより良くしたい。
提案内容はどれも「そう! それそれ!」というものばかり。おそらくここに書かれていることは、かなりニーズが高い要望なのではないでしょうか。
率先してこのような声を上げられたことに感謝するとともに、運営の方々に届くことを願っています。

★★★ Excellent!!!

カクヨムを真剣に考えているからこそ、真摯な言葉でよく響く。

ユーザーメッセージ機能や、古い作品を埋もれさせず表示させる機能など、個人的にも欲しいと願っていたところなので、まさに共感。

とくに、『第12話 お金もほしいんだけど…… 』は響いた。
そう、将来的に少額単位の収入が得られるようになれば、それはとても魅力的。
だがそれは、「お金が欲しいから」ではなく、(っつーか資金確保が主目的なら普通に働いた方が絶対コスパ良い。)、「金を支払われる価値」を自分の作品が持っている という事実を手に入れたいからである。少なくとも私は、そうである。

PV数が収益に比例するシステムになるのか、ユーザー間で☆のようにお金を贈れるシステムが導入されるのか、まったく知らないところであるが、ユーザー同士の気配りの場と化してしまうようなら、私にとってはここは自由の場ではなくなる。
…自由と自己作品の価値を高めていけるような環境であり続けてくれることを、切に願う