スタート!

作者 濡瑠マユ

46

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

作家としてのストレートな気持ちが描かれており、読んでいて気持ちよかったです。

お題の決まった作品を書くのは大変です。KAC当時、様々な苦労を見てきましたが、根底にある気持ちは皆さん同じだと思います。
「作品で誰かを感動させたい!」
これこそが、ネットで小説を公開する意義であり、原動力でもあると思います。

作者の気持ちが、私の心にドストライク。響きました。

★★★ Excellent!!!

 舞台裏には幽霊がいるという。台詞を忘れたりアガッたりした役者を助けてくれるそうだ。ガストン・ルルーの『オペラ座の怪人』はそうした伝説が題材の一つになっている。
 演劇と同様、小説もまた『表現』の一環である。ならば、なにかしら助けてくれる存在がいても良い。
 本作に登場する二人と一羽は、無論幽霊ではない。そして、いつでもどこでも手を貸してくれる。いや、降臨するといって良いだろう。
 詳細本作。