器はひとつ花ふたつ

作者 千住のり子