涅槃寂静の剣―炎の剣士、一刀斎―

作者 烏丸朝真

骨太でかつ、色彩のある文章に引き込まれる剣客の物語

  • ★★★ Excellent!!!

剣心一如
剣士の出会いが心を育み、心の成長が技を磨く
心が惑うと剣先も鈍る
出会いと別れにより、一人の剣士が天下一ヘと登っていく
その中で印象的に表現される色彩、特に炎の赤の色彩がとても鮮やかな文章が美しい

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー