2番目の僕

作者 タカナシ

40

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

この作品はホラーである。読めばわかるけれど、完全にホラーである。

なのに。
元気がもらえた。
何故だろうか?
きっと、カクヨムで創作している誰しもが、二番目の自分がいるからだろう。
そして私にも、二番目の私が、いるからだろう。

……待って。
今の自分が一番目……本当にそうか?

……。
……。

やっぱりこの作品はホラーだった……

★★★ Excellent!!!

どういう着想なのか、ドッペルゲンガーでないのか、作中に書かれてはいるんだけれど、物語を辿るうちに見えてくる。

僕は小説家。趣味で書いた作品が、大売れに売れた超大型新人。
けど、二作目がガタガタで。
名前も売れたし下手なものは二度と書けない――プレッシャー。

二番目の僕はそんなもの、くだらないという。
二番目に甘んじているくらいならば、よほど恵まれているんだと。
二番目の悔しさがわかるかと。

僕はそれをエネルギーに変える。
二番目の僕が抱える、僕の中にもあったはずのものを。