ギミックをしかける

作者 久保 良文

12

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

人間が脳内に端末を埋め込むようになった時代、一人の青年が出逢ったのは意思を持つ人工知能であった……。

嫌味たらしい、けれど何処か憎めない人工知能、その名もギミック。

ギミックは仕掛ける。世界へ、誰かへ、彼へ、誰もへ、――――そしてもちろん、あなたへ。

読み進めるうちに、読者は必ずこの物語に惹き込まれる。そして、思うだろう。

あぁ、『世界はこんなにも美しい』と。


優しきギミックの仕掛けを、どうかあなたも見届けて欲しい。彼が何を変え、どう変わったか。その答えをギミックと共に。

★★★ Excellent!!!

『ギミック』。題に出てくるこの単語、読者諸君は「ん?」と反応されている事だろう。
そう、本作はこの言葉が重要だ。

私達は一体何を見ているのか。何を考えているのか。人類の向かう先は?

物語は非常に読みやすく書かれている。
まずはページを一枚捲ろう、諸君。
恐れる事は無い、光の向こうへ進め。

作者は読む者に『ギミックをしかける』。
夢のような、淡い光。

そして君達は、本作を読み終わる時、気が付かぬ内に感嘆の息を漏らすのだ。